忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/06/26
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/11/23
「並べ替え【か~こ】」

【か行】
★グウィネス・パルトロウやジーン・ハックマン出演の2002年公開の映画は
→『(ザ・ロイヤル・)テネンバウムズ』


★カート・ヴォネガットのSF小説を原作とするジョージ・ロイ・ヒル監督の映画は
→『スローターハウス(5)』
(他に『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』など)


★キャサリン・パターソンの人気児童文学を原作とする2008年公開のファンタジー映画は
→『テラビシア(にかける橋)』


★アメリカの先住民ホビ族の言葉で「平衡を失った世界」という意味があるゴッドフリー・レジオ監督の1982年の映画は
→『コヤニスカッツィ』


★1993年に公開されたクエンティン・タランティーノ監督のデビュー作は
→『レザボア・ドッグス』


★クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めた銀行強盗の一味を描いた1994年公開のサスペンス映画は
→『キリング・ゾーイ』


★キャサリン・ゼタ・ジョーンズとリーアム・ニーソンが共演した幽霊屋敷を舞台にした1999年公開のホラー映画は
→『ホーンティング』


★同じアパートに住む男女の恋愛を描いた、ケリー・チャンと金城武が共演した1998年の恋愛映画は
→『アンナ・マデリーナ』


★この伝説にまつわる題材を描いた1979年の映画は(大意)
a8db489f.JPG





→『リトル・ロマンス』
(ジョージ・ロイ・ヒル監督、ダイアン・レイン主演。画像はベネチアのため息橋。この橋の下で日没の瞬間にキスをすれば永遠の愛が結ばれるという伝説がある)
b2ef05d2.JPG










★ここが舞台の1990年公開の映画は
a45923b6.JPG





→『シェルタリング(・スカイ)』
(画像の場所はモロッコ)

★クリスティーナ・リッチとジョニー・デップが共演したティム・バートン監督によるゴシック・ホラー映画は
→『スリーピー・ホロウ』


★南北戦争の末期を舞台にしたクリント・イーストウッド主演による1971年の映画は
→『白い肌の異常な夜』


★実際にあった連続少年誘拐殺人事件を題材とした、日本では2009年に公開されたクリント・イーストウッド監督の映画は
→『チェンジリング』


★アジア系民族・モン族の青年と頑固な退役軍人との交流を描いた2009年公開のクリント・イーストウッド監督の映画は
→『グラン・トリノ』


★殺人罪で死刑目前の元大学教授をケビン・スペイシーが演じた2003年の映画は
→『(ライフ・オブ・)デビッド・ゲイル』


★1998年に公開されたハリウッド版『ゴジラ』の正式タイトルは
→『GODZILLA』


★デザイナーのココ・シャネルとある作曲家との関係を描いた2010年公開のフランス映画は
→『(シャネル&)ストラヴィンスキー』


★映画『華麗なる賭け』をリメイクした、ピアース・ブロスナン主演の映画は
→『トーマス・クラウン(・アフェアー)』


★ガエル・ガルシア・ベルナルが出演した、「犬のような愛」という意味がある2002年公開のオムニバス風のメキシコ映画は
→『アモーレス・ペロス』


ニ☆★キャプテン・アメリカ、ソー、アイアンマンの3大ヒーローが共演する、2012年公開予定のアメリカ映画は
→『アベンチャーズ』


ニ☆★最低映画を表彰する「ゴールデンラズベリー賞」で、初代の「最も3Dの使い方を間違えた作品賞」に選ばれた、2010年の映画は
→『エアベンダー』


ニ☆★銀行強盗を計画する主人公をキアヌ・リーヴスが演じた日本では2011年11月公開のサスペンス映画は
→『フェイク・クライム』


二☆★クオリアンカ・キルヒャーがハワイ王朝最後の王女を描いた、2012年公開の映画は
→『(プリンセス・)カイウラニ』


二☆★GACKTのハリウッド進出作となった、和の要素をつめこんだガイ・モシェ監督の映画は
→『BUNRAKU』


☆★「韓国・釜山を大規模な自然災害が襲う」という内容の2010年に公開された韓国映画は
→『TSUNAMI』


★『グロリア』『フェインズ』などの代表作がある、女優ジーナ・ローランズを妻に持つ今は亡き映画監督は
→ジョン・カサベテス


★代表作に『クレオパトラ』『地上最大のショウ』『十戒』などがある、主に戦前に活躍したアメリカの映画監督は
→セシル・B・デミル
(『クレオパトラ』'34。'63の『クレオパトラ』はジョセフ・L・マンキウィッツ監督)


★『コックと泥棒、その妻と愛人』『英国式庭園殺人事件』などの代表作がある映画監督は
→(ピーター・)グリーナウェイ


★映画『キャビン・フィーバー』で2003年に監督デビューした、代表作にホラー映画『ホステル』があるアメリカの映画監督は
→イーライ・ロス


★カンヌ映画祭グランプリを受賞した1960年の反戦映画『かくも長き不在』で有名なフランスの映画監督は
→アンリ・コルピ


★『コロンブス 永遠の海』などの作品で知られる、100歳を超えてなお現役で活動する映画監督は
→(マノエル・デ・)オリヴェイラ
(現在の表記はマノエル・ド・オリヴェイラ。最新作は2010年の『The Strange Case of Angelica』)
 

★『グリーンフィッシュ』『ペパーミント・キャンデー』『オアシス』などの代表作がある韓国の映画監督は
→イ・チャンドン


★『恋の骨折り損』『から騒ぎ』『ハムレット』などの映画で監督・脚本・出演を務めたイギリスの映画人は
→ケネス・ブラナー


★2009年6月にタイで客死した映画『キル・ビル』でのビル役で有名な俳優は
→(デビッド・)キャラダイン


★『クレイジー・ハート』で2009年度のアカデミー主演男優賞を受賞した俳優は
→ジェフ・ブリッジス


☆★2010年公開の映画『ゴーストもういちど抱きしめたい』で松嶋菜々子と共に主演した韓国の俳優は
→ソン・スンホン


★1929年に『コケット』で第2回アカデミー主演女優賞を受賞したアメリカの女優は
→(メアリー・)ピックフォード


★1978年のカンヌ国際映画祭で『結婚しない女』の演技により主演女優賞を受賞したアメリカの女優は
→ジル・クレイバーグ


★『勝手にしやがれ』『悲しみよこんにちは』『大空港』などに出演したアメリカの女優は
→ジーン・セバーグ


★『コーマ』『愛のメモリー』『戦慄の絆』などの映画に出演したカナダ出身の女優は
→ジュヌヴィエーヴ(・ビジョルド)


★『クルーレス』『ダリアン』に主演したハリウッド女優は
→(アリシア・)シルバーストーン


★『キューティー・ブロンド』『メラニーは行く!』などに主演したハリウッド女優は
→(リース・)ウィザースプーン


★『刑事ジョン・ブック/目撃者』『告発の行方』などの映画に出演した女優で『トップガン』ではヒロイン役を務めたのは
→ケリー・マクギリス


★『風と共に去りぬ』でアカデミー助演女優賞を受賞し黒人初のオスカー受賞者となったのは
→(ハティ・)マクダニエル


★『恋しくて』『妹の恋人』などに出演したハリウッド女優は
→(メアリー・スチュアート・)マスターソン


★『キンダガートン・コップ』『レナードの朝』『レリック』などの映画に主演した女優は
→ペネロープ・アン(・ミラー)


★『かくも長き不在』『第三の男』『サスペリア』『暗殺のオペラ』などの代表作がある、イタリア出身の映画女優は
→アリダ・ヴァリ


★アメリカのTVドラマ『ゴシップガール』で主人公セリーナを演じた女優は
→(ブレイク・)ライブリー
(映画には『50歳の恋愛白書』『グリーン・ランタン』などに出演)


☆★フランスの女優カトリーヌ・ドヌーヴの姉である女優で25歳の若さで事故死したのは
→(フランソワーズ・)ドルレアック
(映画『柔らかい肌』や姉妹で出演した『ロシュフォールの恋人たち』などの出演作がある)


☆★2010年公開の映画『キック・アス』で演じた最強の少女ヒット・ガール役で人気となったアメリカの子役女優は
→クロエ・モレッツ


★韓国のTVドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』で主人公のチャングムを演じた女優は
→イ・ヨンエ
(映画『JSA』『親切なクムジャさん』などに出演)


★ハリウッド版『GODZILLA』でゴジラのデザインを担当したデザイナーは
→(パトリック・)タトポロス
(他に『スターゲイト』『ヴァン・ヘルシング』『サイレントヒル』などに参加)

音★1949年にトニー賞のミュージカル部門の作詞・作曲賞を『キス・ミー・ケイト』で受賞した作曲家は
→コール・ポーター
(同名映画'53、『上流社会』『地中海殺人事件』などの音楽を手がける。伝記的作品に『五線譜のラブレター』がある)

そ?★<画像・オペラ座>ここを舞台にしたミュージカルで有名なフランスの作家は
→ガストン・ルルー
(『オペラ座の怪人』は過去に何度も映画化されている)


そ★ミュージカル『キャッツ』や『レ・ミゼラブル』の演出を手がけた、現代演劇を代表するイギリスの演出家は
→トレヴァー・ナン
(過去に映画『十二夜』『レディ・ジェーン』を監督)
 

そ★『カルメン』『若者と死』など100以上もの作品を手がけた「踊りの魔術師」と呼ばれたフランスのバレエ振付師は
→ローラン・プティ
(ダニー・ケイ主演の『アンデルセン物語』などに出演し、フレッド・アステア主演映画『足ながおじさん』や周防正行監督の『ダンシング・チャップリン』の振り付けを担当した)
 

☆★映画俳優のケビン・コスナーが結成しているロックバンドは
→(ケビン・コスナー&)モダン・ウェスト


★『恋に落ちたシェイクスピア』など数多くの名作を配給するも2010年に閉鎖された映画会社は
→ミラマックス(・フィルムズ)
(他に『パルプ・フィクション』『アビエイター』『シカゴ』など)


そ★劇や映画などの梗概、あらすじのことを英語で何というか
→シノプシス(synopsis)


★オウム事件をモチーフに犯罪加害者の家族を描いた、2001年公開の是枝裕和監督の映画は
→『DISTANCE』(ディスタンス)


★1973年放映のタツノコプロのアニメを実写映画化した、紀里谷和明の初監督作品は
→『CASSHERN』(キャシャーン)


★河崎実監督の2006年公開の『日本沈没』のパロディ映画は
→『日本以外全部沈没』


★2005年公開の木村カエラ初主演映画は
→『カスタムメイド(10.30)』


★山田風太郎の『伊賀忍法帖』を原作とする、オダギリジョーと仲間由紀恵が忍者を演じた2005年公開の映画は
→『SHINOBI』


★返還前の沖縄を舞台に超能力を得た男の活躍を描いた、小林薫主演による1989年公開の映画は
→『ウンタマギルー』
(沖縄の民話『運玉義留うんたまぎるう』をベースにしたファンタジー)


★2004年に公開された河崎実、西村修主演の映画は
→『いかレスラー』


★1975年度のアカデミー外国語映画賞を受賞した、シベリアを舞台にした黒澤明監督の映画は
→『デルス・ウザーラ』


★ワインの生産地カリフォルニア、ナパ・バレーを舞台にした小日向文世と生瀬勝久主演による2009年公開のハリウッド映画は
→『サイドウェイズ』
(日本映画の誤植?'04のアメリカ映画『サイドウェイ』のリメイク)


★2009年に公開された、叶姉妹の姉・叶恭子の初主演映画は
→『(イルベント・)エレローゼ( 愛するということ)』
(Il Vento Ele Rose イタリア語)


★お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリが、監督として初めて手がけた長編映画のタイトルは
→『南の島のフリムン』
(フリムン=沖縄の方言で“バカ”)


★肖像写真で有名な写真家・操上和美が73歳にして初めて監督を務めた2009年の映画は
→『ゼラチンシルバー(LOVE)』


★莫大な財産を持つヒロインを小雪が演じた2009年公開の森田芳光監督の映画は
→『わたし出すわ』


★神木隆之介と大後寿々花が共演した、2007年に公開された行定勲監督の青春映画は
→『遠くの空に消えた』


★小林聡美、小泉今日子らが演じる京都での生活を始めた女性たちの姿を描いた、2010年公開の松本佳奈監督の映画は
→『マザーウォーター』
 

☆★江戸の街で、ゾンビが派遣社員として活躍する、2010年10月公開の宮藤官九郎が演出を手がけた映画は
→『(大江戸)りびんぐでっど』
 

☆★時代に翻弄される悲劇の剣豪・兼見三左エ門(かねみ さんざえもん)を豊川悦司が演じた、2010年公開の時代劇映画は
→『必死剣鳥刺し』


二☆★山本周五郎賞を受賞した窪美澄の小説を原作とする、永山絢斗と田畑智子が主演した2012年の映画は
→『ふがいない僕は空を(見た)』


二☆★高橋ヒロシの漫画を元にした2014年に公開予定の映画『クローズ』シリーズ最新作は
→『(クローズ )EXPLODE』


そ★『ゴドーを待ちながら』『犀』などの前衛的な舞台の演出・出演で知られ、「アングラの帝王」と呼ばれた俳優は
→すまけい
(映画『男はつらいよ』シリーズ『キネマの天地』や、ドラマ『女監察医・室生亜季子シリーズ』などに出演)

そ★本名を「北村弘一」という1948年に渋谷天外らと松竹新喜劇を旗揚げしたことで知られる芸人は
→曽我廼家明蝶
(そがのや めいちょう。喜劇映画に多数出演し、他に『陽暉楼』ドラマ『白い巨塔』などに出演した)


二音☆★成宮寛貴主演の映画『逆転裁判』の主題歌に起用された、ロックバンド・ポルノグラフィティの曲は
→2012spark

 



Comments(0) | 並べ替え

コメントを投稿する






<< 並べ替え【さ~そ】    ホーム    並べ替え【あ~お】 >>
PR
Design by basei,koe twi