忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/06/26
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/11/23
「パネル【さ~そ】」

【さ行】
★中東担当だったCIA諜報員の自伝を原作とする2006年公開のジョージ・クルーニー主演のサスペンス映画は
→『シリアナ』


★ジュリア・ロバーツが主人公の女性教師を演じた2004年公開の映画は
→『(モナリザ・)スマイル』


★スティーブン・キングの初期作品で映画化された、狂犬病にかかった母子の登場する作品は
→『クジョー』(原作名は『クージョ』ですが映画のタイトルは『クジョー』です)


★サマンサ・モートンとティム・ロビンス主演による2003年公開のSF映画は
→『CODE(46)』


★ジェームス・コバーン主演の1966年のスパイ映画は
→『(電撃)フリント(GO!GO!作戦)』


★スーザン・サランドンやペネロペ・クルスが出演したクリスマスイブを舞台にした2005年の映画は
→『NOEL』


★ジーン・ハックマンが1971年のアカデミー主演男優賞を受賞したアクション映画のタイトルは
→『フレンチ(・コネクション)』


★婚約者を殺され復讐に燃える主人公をジョディ・フォスターが演じた2007年公開の映画は
→『ブレイブ(ワン)』



★1968年公開のサンフランシスコを舞台としたスティーブ・マックイーン主演の刑事アクション映画は
→『ハンター』


★全米トラック運転手組合を組織して会長となった、実在の人物をジャック・ニコルソンが演じた1993年の映画は
→『ホッファ』


★2006年にシャーリーズ・セロンが主演したSFアクション映画は
→『イーオン(フラックス)』(AEON FLUX)


★主演のジョージ・C・スコットがアカデミー主演男優賞の受賞を拒否した1970年公開の戦争映画は
→『パットン(大戦車軍団)』


★2005年公開のマスに書かれた事が実際に起こるゲームが出てくる『ジュマンジ』の続編は
→『ザスーラ』


★(画像・サングラス)1988年公開のジョン・カーペンター監督によるエイリアン映画は
d7768cec.JPG





→『ゼイリブ』


★ジェラール・ドパルデューがコロンブスを演じた1992年公開の歴史映画は
→『1492(・コロンブス)』


★アクションゲームを原作とする近未来を舞台にしたザ・ロック主演による2006年のアクション映画は
→『DOOM』


★2007年に真田広之が出演したダニー・ボイル監督のSF映画は
→『(サンシャイン)2057』


★自らを犠牲にして家族を守ろうとするネイティヴ・アメリカンを主人公とした、ジョニー・デップが監督・主演を務めた映画は
→『ブレイブ』
(兄のD・P・デップと共同脚本。共演マーロン・ブランド)


★1927年にアメリカで公開された世界初のトーキー映画と言われる作品は
→『(ジャズ・)シンガー』


★2005年にジム・キャリーとティア・レオーニが主演した映画は
→『ディック(&ジェーン/復讐は最高!)』


★シシー・スペイセクが超能力をもつ主人公を演じたブライアン・デ・パルマ監督による1976年のオカルト映画は
→『キャリー』


★同性愛の世界を描き、イギリスに美少年ブームを巻き起こしたジェームズ・アイボリー監督による1987年公開の映画は
→『モーリス』


★アームレスリングを題材としたシルベスター・スタローン主演の映画は
→『オーバー(・ザ・トップ)』


★シルベスター・スタローンが人気コミックの主人公を演じた1995年公開のアクション映画は
→『(ジャッジ・)ドレッド』


★シルベスター・スタローンとキップ・パルデューが共演した2001年のレース映画は
→『ドリヴン』


★サンドラ・ブロック演じる女性捜査官と犯人の戦いを描いた2002年公開の映画は
→『完全犯罪(クラブ)』


★ジェーン・オースティンの小説を原作とする2006年にキーラ・ナイトレイが主演した映画は
→『プライド(と偏見)』


★ジョン・ウェインが初老の刑事を演じた1973年の映画は
→『マックQ』


★第二次世界大戦を舞台にドイツ軍の一部隊を描いたサム・ペキンパー監督の映画は
→『(戦場の)はらわた』


★ジム・キャリーが主演した2004年公開のファンタジー映画は
→『(レモニー・)スニケット(の世にも不幸せな物語)』


★サガモール・ステヴナン演じるカーレーサーを主人公としたリュック・ベッソン製作の映画は
→『(ミシェル・)ヴァイヨン』


★人喰いザメの恐怖を描いた1975年に公開されたスピルバーグ監督の映画は
→『JAWS』


★ショーン・ペン、トム・クルーズ、ティモシー・ハットンが出演した閉鎖される陸軍幼年学校を舞台にした1981年の映画は
→『タップス』


★ジェラール・ドパルデューとアンディー・マクダウェルが偽装結婚をする男女を演じた1990年の映画は
→『(グリーン・)カード』


★ジョニー・デップが演じる伝説のドラッグ・ディーラーを主人公とした、テッド・デミ監督による2001年の映画は
→『ブロウ』


★スティーブ・マックィーンとダスティン・ホフマンが共演した悪魔島からの脱獄を描いた1973年の映画は
→『パピヨン』


★シルベスター・スタローンが主人公の刑事を演じた1986年のアクション映画は
→『コブラ』
(分岐)シュワルツェネッガーが元FBI捜査官を演じた1986年のアクション映画は
→『ゴリラ』


★シュワルツェネッガーが双子の兄弟を演じた1989年公開のコメディ映画は
→『ツインズ』
(分岐)新薬の研究の実験台となり妊娠・出産する男性科学者を演じた、1994年公開のコメディ映画は
→『ジュニア』


★ターゲットにした人物を監禁し生死を賭けたゲームをさせる猟奇殺人鬼ジグソウが登場するサスペンス映画シリーズは
→『SAW』


★ジュリエット・ビノシュとトニ・ラヴァンが共演した1992年公開のフランス映画は
→『ポンヌフ(の恋人)』


★スコット・トゥローの小説を原作とした、1990年に公開されたハリソン・フォード主演のサスペンス映画は
→『推定無罪』


★1996年にスティーブン・セガールとカート・ラッセルが共演した映画は
→『(エグゼクティブ・)デシジョン』


☆★失踪した父親を探すヒロインをジェニファー・ローレンスが演じた、2011年公開の映画は
→『(ウィンターズ・)ボーン』


☆★シドニー・ポワチエが黒人刑事を演じ、ロッド・スタイガーがアカデミー主演男優賞を受賞した1967年のサスペンス映画は
→『夜の大捜査線』


☆★誤って消したレンタル店のビデオをリメイクして撮影するという、ジャック・ブラック主演の映画は
→『(僕らの)ミライ(へ逆回転)』


☆★名作パニック映画『サブウェイパニック』をトニー・スコットの手でリメイクした2009年の映画は
→『(サブウェイ)123( 激突)』


☆★人類滅亡を目論むゼウスに対し闘いを挑むペルセウスをサム・ワーシントンが演じた、2010年の映画は
→『タイタン(の戦い)』('88の同名映画のリメイク)


ニ☆★辛亥革命を題材とした、2011年に公開されるジャッキー・チェンの出演100作目となる映画は
→『1911』


二☆★2人のオタクな青年と、陽気な宇宙人が繰り広げる珍道中を描いた、サイモン・ぺッグ主演のSF映画は
→『(宇宙人)ポール』


二☆★ガイ・リッチー監督の映画『シャーロック・ホームズ』シリーズ第2作目の副題は
→『シャドウ(・ゲーム)』


☆★2012年公開の映画『スパイダーマン』シリーズ最新作は
→『アメイジング(・スパイダーマン)』

 
★『セルピコ」』『ネットワーク』『十二人の怒れる男』で有名なアメリカの映画監督は
→(シドニー・)ルメット


★1967年に『卒業』でアカデミー監督賞を受賞した監督は
→(マイク・)ニコルズ


★『スウィート・ビアフター』『エキゾチカ』などの代表作があるカナダの映画監督は
→(アトム・)エゴヤン


★『スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』などの代表作があるアメリカの映画監督は
→(ロブ・)ライナー


★『ジャングル・フィーバー』『マルコムX』などの作品で知られるアメリカの映画監督は
→スパイク(・リー)


★映画『スパイダーマン』シリーズの1作目から3作目までを手がけた映画監督は
→(サム・)ライミ
(分岐)サム・ライミに代わり4作目以降を手がけることとなった映画監督は
→マーク(・ウェブ)

★2002年から始まった映画『スパイダーマン』シリーズの1作目から3作目で主演した俳優は
→トビー(・マグワイア)


★『十戒』『ベン・ハー』『猿の惑星』などに主演したアメリカの映画俳優は
→(チャールトン・)ヘストン


★映画『ジョニーは戦場へ行った』に主演した俳優は
→(ティモシー・)ボトムズ


★映画『スター・ウォーズ』旧3部作の主人公ルーク・スカイウォーカーを演じた俳優は
→(マーク・)ハミル


ニ★2009年公開の『G.I.ジョー』でG.I.ジョーを演じる俳優は
→(デニス・)クエイド


★故レーガン大統領の元妻で『ジョニイ・ベリンダ』でアカデミー主演女優賞を受賞したのは
→(ジェーン・)ワイマン


☆★映画『ジャンゴ 繋がれざる者』で、2012年度のアカデミー賞助演男優賞を受賞した俳優は
→(クリストフ・)ヴァルツ


★1963年にミュージカル映画『シェルブールの雨傘』に主演したフランスの女優は
→(カトリーヌ・)ドヌーヴ

★『スピード2』『評決のとき』『ザ・インターネット』などに主演したハリウッド女優は
→サンドラ(・ブロック)


★2009年公開の『ストリートファイター』で主人公・春麗を演じた女優は
→(クリスティン・)クルック


★『最後の恋、初めての恋』や『五月の恋』『藍色夏恋』に出演した台湾の人気俳優は
→(チェン・)ボーリン


二☆★2012年度のアカデミー主演女優賞を、映画『世界にひとつのプレイブック』により受賞した女優は→(ジェニファー・)ローレンス


★1957年公開の戦争映画『戦場にかける橋』に斎藤大佐役で出演している日本人俳優は
→早川雪洲


★2008年11月に亡くなった、映画『ジュラシック・パーク』やドラマ『ER緊急救命室』の原作者は
→(マイケル・)クライトン
 

★映画化もされたアメリカの人気コミック『スーパーマン』の原作者は
→(ジェリー・)シーゲル
※芸能で出題されました

 
そ★アメリカの子供向け番組『セサミストリート』に登場するマペットを創作していた人物は
→(ジム・)ヘンソン
(監督として映画『ダーククリスタル』や『ラビリンス/魔王の迷宮』などを手がけ、ジム・ヘンソンカンパニー製作作品に『マペットのクリスマス・キャロル』やテレビシリーズ『恐竜家族』などがある)

★ドラマ『スタートレック』でパトリック・スチュアート演じるエンタープライズ号の船長の名前は
→(ジャン=リュック・)ピカード


★1979年に公開されたSF映画『スーパーマン』でジーン・ハックマンが演じる悪人は
→(レックス・)ルーサー
 

★ホラー映画『13日の金曜日』シリーズに登場する殺人鬼ジェイソンの本名は
→(ジェイソン・)ボーヒーズ


★ホラー映画『ソウ』シリーズに登場するトビン・ベル演じる連続殺人鬼の名前は
→ジグソウ


★アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』で主人公の名前は
→ノーマン


★『サウンド・オブ・ミュージック』で主人公マリアが訪れる家は
→トラップ(家)
(分岐)『メリー・ポピンズ』でメリー・ポピンズが訪れた家は
→バンクス(家)


★映画『スターウォーズ エピソード2』でナタリー・ポートマンが演じた役名は
→(パドメ・)アミダラ
(分岐)ヘイデン・クリステンセンが演じた役名は
→アナキン(・スカイウォーカー)


★『スター・ウォーズ エピソード2』でアミダラが女王を退位した後にナブーの新女王となったのは
→ジャミラ


★『スター・ウォーズ ジェダイの復讐(帰還)』でイオーク族が暮らしている緑の惑星は
→エンドア


★ジェニファー・ジョーンズが主演した1953年の『終着駅』で舞台となっているローマの駅は
→テルミニ(駅)


★1977年公開のホラー映画『サスペリア』で使われた音響立体移動装置の名前は
→サーカム(サウンド)


★『シュレック』『マダガスカル』『シャークテイル』『トランスフォーマー』の製作会社は
→ドリーム(ワークス)


★ホラー映画『サランドラ』の日本公開時に配給会社の東宝東和が宣伝に用いた、本編には全く登場しない改造牛刀の名前は
→ジョギリ

c7c2c2f5.jpg










音★1920年にロシアの科学者が発明し、彼の名前がつけられた世界最古の電子楽器は
→テルミン
(レフ・テルミンが発明し、本人も出演した'93の同名映画がある。その電子音は数多くの映画で使用されている)


そ★アメリカのミュージカル『ショウ・ボート』の舞台となる船の名前は
→コットン(・ブロッサム号)
(過去に3度映画化された)


★1960年代後半から70年代にかけてアメリカで製作された反体制的な映画を総称して何というか
→(アメリカン)ニューシネマ


★斎藤由貴が孤児の少女を演じた榎木孝明共演、相米慎二監督の1985年の映画は
→『雪の断章(/情熱)』


★菅原文太演じる刑事と松方弘樹演じるヤクザの友情を描いた深作欣二による1975年の映画は
→『(県警対)組織暴力』


★沢田研二が暗殺者を演じた森田芳二監督の1984年の映画は
→『ときめき(に死す)』


★釈由美子演じる美貌の女剣士の活躍を描いた2001年のアクション映画は
→『修羅雪姫』


★1979年の角川映画『戦国自衛隊』をリメイクした2005年公開の映画は
→『(戦国自衛隊)1549』


★バブル崩壊後、会社の経営再建に挑むサラリーマンの姿を描いた柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦らが出演した1994年の映画は
→『集団左遷』
 

★堺雅人と鮎川誠が演じる親子の軽井沢の山荘でのひと夏を描いた、2008年公開の映画は
→『ジャージ(の二人)』


★沢田研二と松坂慶子が主演した三池崇史監督による2002年公開のコメディタッチのホラー映画は
→『カタクリ(家の幸福)』


★1951年に公開された日本初の総天然色映画のタイトルは
→『カルメン(故郷に帰る)』


★日中国交正常化10周年記念映画として製作された、孫道臨(ソンドウリン)と三國連太郎の主演による、囲
碁を題材とした1982年の映画は
→『未完の対局』


★映画『座頭市』をリメイクした2008年に綾瀬はるかが主演した時代劇映画のタイトルは
→『ICHI』


★嶋田久作が主人公を演じた1988年の映画は
→『帝都物語』
(分岐)1989年に公開されたその続編のタイトルは
→『帝都大戦』


★2009年6月に公開されたホラー映画『呪怨』シリーズの作品でアイドル・南明奈が主演したのは
→『(呪怨) 白い老女』
(分岐)元「モーニング娘。」の加護亜依が主演したのは
→『(呪怨 )黒い少女』


☆★ひょんなことから二人の男と共同生活を始めたヒロインを坂井真紀が演じた、2010年公開の映画は
→『スープ(・オペラ)』


☆★2011年のベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した瀬々敬久監督の映画は
→『ヘヴンズ(ストーリー)』
(全9章からなる4時間38分の作品)


☆★カツラをかぶって人生を変えようとする主人公を「さまぁ~ず」の三村マサカズが演じた、2010年に公開された映画は
→『かずら』


☆★しなな泰之のライトノベルを原作とした、2011年に公開された俳優・高橋龍輝の初主演映画は
→『魔法少女(を忘れない)』


☆★実際の猟奇殺人事件に着想を得て制作された、2011年に公開された園子温監督の映画は
→『(冷たい)熱帯魚』


☆★2011年のベネチア国際映画祭で染谷将太と二階堂ふみに新人俳優賞をもたらした園子温監督の映画は
→『ヒミズ』


二☆★2012年10月にトロント国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞した原発事故に翻弄される家族の姿を描いた園子温監督の映画は
→『希望の国』


☆★主演の鈴木砂羽が日本映画史上初となるヘアヌードシーンに挑戦して話題となった1994年公開の映画は
→『愛の新世界』
 
 
二☆★殺し屋になりすます、売れない貧乏役者を堺雅人が演じた2012年9月公開の映画は
→『(鍵泥棒の)メソッド』


★『セーラー服と機関銃』『お引っ越し』『翔んだカップル』で知られる監督は
→相米慎二


★『死に花』『ジョゼと虎と魚たち』の監督で、『黄泉がえり』の脚本を担当したのは
→犬童一心


★1990年にカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した『死の棘』の監督は
→小栗康平
 

★『仁義なき戦い』5部作に主演した俳優は
→菅原文太
(分岐)監督を務めたのは
→深作欣二


★1966年から1984年までフジテレビで放映された時代劇『銭形平次』の主演俳優は
→大川橋蔵
(映画には『若さま侍捕物帖』シリーズや『草間の半次郎』シリーズ、『幕末残酷物語』など多数出演)
 

そ★『真田十勇士』の一人と同姓同名の芸名を名乗っている状況劇場出身の俳優は
→根津甚八
(2010年に俳優活動を停止している)


そ★お笑いコンビ「ぼんと正月」の元メンバーで『シベリア超特急』などへの出演で知られる俳優は
→西田和晃


そ★かつて『ズームイン!!朝!』で横浜ベイスターズ情報を担当した『コメディー道中でござる』の三次役で知られる俳優は
→魁三太郎


そ★2005年12月に女優の篠原涼子と結婚した人気舞台俳優は
→市村正親


そ★映画『座頭市』にも出演した劇団「朱雀」の二代目を務める“流し目王子”の愛称で有名な大衆演劇の女形は
(問題文変更?)そ☆★2013年6月に女優・西山茉希と結婚する、「流し目王子」の愛称でもおなじみの俳優は
→早乙女太一


そ★懐かしのスポ根ドラマ『柔道一直線』や刑事ドラマ『刑事くん』の主演で有名なベテラン俳優は
→桜木健一
(映画『あゝ同期の桜』でデビュー。『柔の星』や『仁義なき戦い』などに出演)
 

そ★「柔道日本一」で知られた元プロレスラー・征二を父に持つ人気俳優は
→坂口憲二


そ☆★2011年8月に女性タレントのさくらと結婚した、『WATER BOYS』『おひさま』などに出演する俳優は
→田中圭
(映画には『いま、会いにゆきます』『包帯クラブ』などに出演)


そ?★ソフトバンクモバイルのCM「白戸家の人々」シリーズで主人公・白戸彩の兄を演じる俳優は
→(ダンテ・)カーヴァー
(映画『感染列島』『ダーリンは外国人』などに出演)


★映画『千年の恋・ひかる源氏物語』で光源氏を演じた女優は
→天海祐希
(分岐)紫の上を演じた女優は
→常盤貴子


そ★現在はフィリピンで「シンシア・ラスター」という名前で活動している日本人アクションスターのかつての芸名は
→(大島)ゆかり


そ★大正・昭和期に活躍した女優で1938年に演出家の杉本良吉と共にソ連に亡命したのは
→岡田嘉子


そ★1960年代に日活の青春映画で活躍した女優で、1989年に女性では史上2人目となる北極点到達を達成した人物は
→和泉雅子
(映画『男の紋章』シリーズやドラマ『渡る世間は鬼ばかり』などに出演)


そ★俳優スティーブン・セガールを父に持つ日本の女優は
→藤谷文子


そ★映画『世界で一番美しい夜』や『さくらん』に出演した宝塚歌劇団出身の女優は
→(月船)さらら


そ?★映画『Shall we ダンス?』でダンス教室の教師を演じた女優で、この映画の監督である周防正行を夫にもつのは
→草刈民代
 

そ★カメラマン・杉本学の妻であるタレントは
→田中律子
(分岐)カメラマン・関口照生の妻である女優は
→竹下景子
(田中律子夫妻は離婚したので問題文変更の可能性があります)


音?★「寿司を食いねえ」などの流行語を生んだ『清水次郎長』シリーズで有名な、昭和に活躍した浪曲師は
→(2代目)広沢虎造
(「馬鹿は死ななきゃ治らない」などのフレーズでも有名。映画『歌くらべ荒神山』では次郎長を演じる)


そ★『スウィングガールズ』『踊る大捜査線 THE MOVIE』『ローレライ』などを手掛けたフジテレビの映画事業局長は
→亀山千広


★1993年の『卒業旅行 ニホンから来ました』で織田裕二演じる主人公が異国で名乗る芸名は
→一発太郎


音★映画『さくらん』の主題歌でもある椎名林檎が3年ぶりに自身の名義で発表した曲は
→カリソメ(乙女)


音★2007年公開の『そのときは彼によろしく』の主題歌にも採用された柴咲コウのヒット曲は
→プリズム


ニ音☆★アニメ映画『スマーフ』の日本版主題歌に起用されたHey!Say!JUMPの曲は
→「Magic (Power)」

 



Comments(0) | パネル

コメントを投稿する






<< パネル【た~と】    ホーム    パネル【か~こ】 >>
PR
Design by basei,koe twi