忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/06/24
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/11/23
「パネル【か~こ】」

【か行】
★作家グレアム・グリーンの小説を原作としているキャロル・リード監督による1949年のサスペンス映画は
→『第三の男』


★家族愛と数学をテーマにしたグウィネス・パルトロウ主演の映画は
→『プルーフ(・オブ・マイ・ライフ)』


★キャサリン・ターナーが殺人を繰り返す主婦を演じた1995年公開のコメディホラー映画は
→『シリアル(・ママ)』
(連続殺人犯のことをシリアルキラーという)


★記憶障害に陥った主人公が妻を殺した犯人の行方を追う、ガイ・ピアーズが主演した2001年公開のサスペンス映画は
→『メメント』


★バーに立てこもった強盗団と人質の巧みな心理戦を描いたケビン・スペイシーの初監督作品は
→『アルビノ(・アリゲーター)』


★「ガルボ笑う」というキャッチコピーで有名なエルンスト・ルビッチ監督、グレタ・ガルボ主演の映画は
→『ニノチカ』


★お互いの家を短期間だけ交換する女性をケイト・ウインスレットとキャメロン・ディアスが演じた2006年のコメディ映画は
→『ホリデイ』


★グレース・ケリーが出演した最後の作品として知られるビング・クロスビー主演のミュージカル映画は
→『上流社会』



★カート・ラッセル演じるスネーク・プリスケンを主人公とした1981年公開の映画は
→『(ニューヨーク)1997』


★クリント・イーストウッドの監督デビュー作のタイトルは
→『(恐怖の)メロディ』


★キアヌ・リーブスが主演した1996年公開のアクション映画は
→『チェーン(・リアクション)』


★グレゴリー・ペックが主演したJ・リー・トンプソン監督による1961年公開の戦争映画は
→『ナバロン(の要塞)』


★主演のキャシー・ベイツがアカデミー主演女優賞を受賞したスティーブン・キング原作による1991年のサスペンス映画は
→『ミザリー』


★パートナーを殺された刑事が事件の裏にある陰謀を暴くキアヌ・リーヴス主演の2009年の映画は
→『フェイク(シティ)』


★スナイパーに狙われたことから電話ボックスに閉じ込められた男をコリン・ファレルが演じた映画は
→『フォーン(・ブース)』


★クリストファー・ウォーケンが天使ガブリエルを演じたカルト映画は
→『(ゴッド・)アーミー(/悪の天使)』


★クエンティン・タランティーノの監督デビュー作は1992年の
→『レザボア(・ドッグス)』


★(画像・映画館)この場所が惨劇の舞台になる1986年公開のホラー映画は

→『デモンズ』


★鏡にまつわる謎の事件を解明しようとする刑事をキーファー・サザーランドが演じた2008年の映画は
→『ミラーズ』


★政府官僚の娘と使用人の息子の身分を越えた悲恋を描いたキーラ・ナイトレイ主演による2008年公開の映画は
→『つぐない』


★人間の体に乗り移る異星人と戦う主人公のFBI捜査官をカイル・マクラクランが演じた1988年公開のSF映画は
→『ヒドゥン』


★工藤夕貴と永瀬正敏が主演したジム・ジャームッシュ監督による1989年のオムニバス映画は
→『(ミステリー・)トレイン』


★原子力潜水艦を舞台にした2001年公開の韓国映画は
→『ユリョン』


★金日成暗殺のために結成された部隊を描いた2004年の韓国映画は
→『シルミド』


☆★死後の世界に囚われてしまった3人の人間の苦悩と開放を描いたクリント・イーストウッド監督の映画は
→『(ヒア) アフター』


☆★クリント・イーストウッドが引退したプロの殺し屋を演じた1975年のサスペンス映画は
→『(アイガー・)サンクション』


☆★過酷な環境下で生きる主人公の黒人少女を演じたガボリー・シディベの演技が話題となった2009年公開のアメリカ映画は
→『プレシャス』


☆★2010年に「北朝鮮で初めてテレビ放映された欧米の映画」となったキーラ・ナイトレイ出演の2002年の映画は
→『ベッカム(に恋して)』


☆★2012年9月に第69回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門最高賞の金獅子賞に選ばれたキム・ギドク監督の韓国映画は
→『ピエタ』


二☆★クリス・ヘムズワースらが演じる男女5人の大学生が休暇で訪れた山奥の別荘で恐怖に襲われる2013年3月公開のホラー映画は
→『キャビン』


☆★「ギザのピラミッド」を様々な面から検証した、2012年公開のドキュメンタリー映画は
→『(ピラミッド )5000(年の嘘)』


★映画『勝手にしやがれ』や『気狂いピエロ』で有名なフランスの映画監督は
→(ジャン=リュック・)ゴダール


★『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』などで有名な映画監督は
→(フランク・)ダラボン


★『ゴッドファーザー』の監督は
→(フランシス・F・)コッポラ


★代表作に『クロウ・飛翔伝説』や『アイ・ロボット』があるエジプト出身の映画監督は
→(アレックス・)プロヤス


★『グラン・ブルー』『レオン』『ニキータ』などの代表作があるフランスの映画監督は
→(リュック・)ベッソン


★顔が描かれた月にロケットが突き刺さる場面で有名な1902年の映画『月世界旅行』の監督は
→(ジョルジュ・)メリエス

6a5074ae.jpg
 











★映画の興行収入1位、2位の監督は
→(ジェームズ・)キャメロン
(分岐)3位の映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の監督は
→(ピーター・)ジャクソン
(1位『アバター』2位『タイタニック』)


★2004年に亡くなった『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』で知られる俳優は
→マーロン(・ブランド)


★『キング・アーサー』『トゥモローワールド』などに出演したアメリカの俳優は
→クライブ(・オーウェン)


★『荒野の1ドル銀貨』など1960年代にマカロニウェスタンで活躍したイタリアの俳優は
→(ジュリアーノ・)ジェンマ


★1921年のチャップリンの『キッド』で孤児役を演じたのは
→(ジャッキー・)クーガン


★『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラを演じた女優は
→ビビアン(・リー)
(分岐)レット・バトラー
→クラーク(・ゲーブル)


★『コールガール』『帰郷』で2度アカデミー主演女優賞を受賞したアメリカの映画女優は
→ジェーン(・フォンダ)


★『華麗なるギャッツビー』『ローズマリーの赤ちゃん』に出演したアメリカの女優は
→(ミア・)ファロー


そ★映画『キル・ビル』やNHKの『フランス語会話』に出演したフランス人タレントは
→ジュリー(・ドレフュス)
(母は女優のパスカル・オードレ)


★ハリウッド俳優で父カーク、息子マイケルといえば何親子か
→ダグラス


★シュワルツェネッガー主演のアクション映画『コマンドー』のクライマックスで主人公と1対1で戦う敵の名前は
→ベネット


★映画『グレムリン』でグレムリンに変身する生物の名前は
→モグワイ

 


★かつてのアニメ版の『コンボイ』にあたる、SF映画『トランスフォーマー』に登場する司令官は
→オプティマス(プライム)


★クリント・イーストウッドが1986年に市長に就任したカリフォルニア州の都市は
→カーメル


★台湾出身の侯孝賢(ホウシャオエン)監督が小津安次郎生誕100年記念作として日本で撮影した、一青窈初主演の映画は
→『珈琲時光』


★猛毒ウィルスで滅亡寸前になった人類の存亡を描いた、小松左京原作の1980年公開のSF映画は
→『復活の日』


★川上健一の小説を原作とする玉木宏と綾瀬はるか出演の2004年公開の磯村一路監督の映画は
→『雨鱒の川』(あめますのかわ)


★人気漫画『クローズ』を原作とした小栗旬、山田孝之らが出演した2007年の映画は
→『(クローズ)ZERO』


★次期首相の座を狙う主人公の通産大臣を勝新太郎が演じた、松本清張の小説を原作とする1983年公開の映画は
→『迷走地図』


★黒沢あすか演じる女性画商と奥田瑛二演じるホームレスの画家の出会いを描いた2004年公開の中原俊監督の映画は
→『でらしね』


★直木賞作家・角田光代の人気小説を原作とした小泉今日子主演による2005年公開の映画は
→『空中庭園』


★江戸時代にあった吉原遊郭で働く遊女たちを描いた五社英雄監督、名取裕子主演による1987年公開の映画は
→『吉原炎上』


★1960年には映画化もされた向山鹿を主人公にした菊田一夫原作の戯曲は
→『がめつい(奴)』


★ある日突然、東京を巨大な雲が覆いパニックになるという内容の小松左京の小説を原作とする1987年公開のSF映画は
→『首都消失』


★新人女優の夏蓮(かれん)が主人公の女子高生まちを演じた2005年公開の小栗康平監督の映画は
→『埋もれ木』


★脚本家の北川悦史子が初監督を務めた北乃きいと岡田将生が主演した2009年公開の映画は
→『ハルフ(ウェイ)』


★2007年に公開された北野武監督の映画は
→『(監督・)ばんざい(!)』


★窪塚洋介が正義感に燃える若きナショナリスとを演じた2002年公開の映画は
→『凶気の桜』


★(画像・カーリング)このスポーツを題材とした2006年の映画は
08554fce.JPG





→『シムソン(ズ)』


ニ★カメハメハ大王の末裔を名乗る実在の結婚詐欺師を題材とした2009年10月公開の堺雅人主演の映画は
→『クヒオ(大佐)』


そ★映画『この胸いっぱいの愛を』の作者と同じ、梶尾真治のSF連作小説を原作とした、劇団キャラメルボックスの作品は
→『クロノス』
(原作は『クロノス・ジョウンターの伝説』)

★kagenのケータイ小説を原作とした、2009年10月に公開された女優・川島海荷の初主演映画は
→『携帯彼氏』

 
★韓国語で「七夕」を意味する言葉が題名につけられた1977年の下関の夏を描いた映画は
7e3cd986.jpg













→『チルソク(の夏)』
(画像は山口県下関市。佐々部清監督)

 
☆★古泉智浩の漫画を原作とする徐々にゾンビ化してしまう主人公を荒井敦史が演じた映画は
→『(ライフ・イズ・)デッド』


★日本初の女優・川上貞奴の生涯を描いた、松坂慶子主演による1985年のNHK大河ドラマのタイトルは
→『春の波涛』(はるのはとう)


★『殺し屋1』『ゼブラーマン』『クローズZERO』などの作品で知られる、海外での評価も高い映画監督は
→三池崇史


★『幸福の鐘』『弾丸ランナー』『ポストマンブルース』『DRIVE』などの作品がある日本の映画監督は
→SABU


★かぐや姫のヒット曲を映画化した『神田川』や角川映画『汚れた英雄』『復活の日』などに主演した俳優は
→草刈正雄


★1970年代に『木枯らし紋次郎』『おしどり右京捕物車』などの時代劇に主演した俳優は
→中村敦夫
(映画には『姿三四郎』『四十七人の刺客』『BALLAD~』など多数出演)


そ?★黒澤明監督の映画『影武者』『乱』に主演した俳優で俳優養成所「無名塾」を主宰しているのは
→仲代達矢


そ★関東大震災のときに、韓国人に間違えられたということから芸名をつけた俳優・劇作家は誰か
→千田是也(せんだ これや。「千駄ヶ谷のコレヤン(コリアン)」と言われていたことから)

そ★著書に『カミさんはドラえもん』がある、声優の大山のぶ代を妻にもつ俳優で、『超人バロム1』などの出演作があるのは
→砂川啓介
(さがわ けいすけ。他にドラマ『意地悪ばあさん』の出演や、日本テレビの『お昼のワイドショー』の司会を務めた)


そ★2003年放映のTV番組『仮面ライダー555』に主演した俳優で、昭和歌謡に造詣が深いことで知られるのは
→半田健人
(ドラマ『おとり捜査官・北見志穂』シリーズ や映画『ほんとうにあった怖い話』などに出演)


二☆★2012年に中学3年用の道徳の副読本『キラリ☆道徳』にエッセイが収録された、時代劇の斬られ役で有名な俳優は
→福本清三
※★『ラストサムライ』にも出演した“日本一の斬られ役”として有名なベテラン俳優は?の問題がなくなった可能性があります)


★2008年放映のドラマ『恋空』に主演した若手女優は
→(水沢)エレナ
(他に映画『風が強く吹いている』やドラマ『ビギナーズ!』などに出演)


そ★「オッペケペー節」で知られる川上音二郎の妻で日本初の女優といわれるのは
→川上貞奴
(明治~大正期に活躍)


そ★俳優・加山雄三の母方の祖母にあたる、戦前の女優は
→江間光括(えま みつこ)


そ★黒澤明の『一番美しく』にも出演し1944年に黒澤明監督と結婚した女優は
→矢口陽子


そ★『学生野郎と娘たち』や『あした晴れるか』など中平康作品に多く出演した、故・深作欣二監督の妻は
→中原早苗


そ★映画『恋空』『恋するマドリ』に主演した2006年のグリコ「ポッキー極細」のCMでブレイクした女優は
→新垣結衣


そ★映画『吉祥天女』やTVドラマ『がんばっていきまっしょい』『六番目の小夜子』などに主演した若手女優は
→鈴木杏


そ★1979年にシングル「恋のローラーブーツ」で歌手デビューしたアイドルで大映ドラマでも活躍したのは
→比企理恵


そ★女優の樹木希林が1977年にバラエティ番組のオークションで売ってしまったかつての芸名は何か
→悠木千帆


音★『We're All To Blame』が映画『ゴジラ FINAL WARS』の挿入歌に使用された、カナダのパンクバンドは
→(Sum)41


音★1982年に亡くなった『加藤隼戦闘隊』『野球小僧』『バタビアの夜は更けて』などの曲をヒットさせた男性歌手は
→灰田勝彦
(俳優としても活躍し、'44に映画化された『加藤隼戦闘隊』にも出演した。他に『歌う野球小僧』『銀座カンカン娘』など)


★黒澤明の『影武者』で盗人が務めるのは誰の影武者か
→武田信玄


★TVドラマ『ごくせん』シリーズで、仲間由紀恵が演じた主人公の教師の名前は
→山口久美子


そ★1975年に川谷拓三が俳優の室田日出男らと共に結成した脇役集団は
→ピラニア(軍団)


★黒澤明の『生きる』で主人公が口ずさむシーンでも知られる「命短し恋せよ乙女」と始まる曲は
→ゴンドラ(の唄)


音★映画『子ぎつねヘレン』の主題歌にも採用された2006年3月にリリースされたレミオロメンのヒット曲は
→太陽の下


★森田芳光監督の『家族ゲーム』や大林宣彦監督の『転校生』などの名作を生み出した、1992年に活動を停止した映画会社は
→ATG
(日本アート・シアター・ギルド。'61~活動し、他に大島渚、吉田喜重、新藤兼人などの作品が多数製作された。製作のほかに海外作品の配給も行っていた)


そ★1980年11月に川村毅が結成した劇団の名前は
→「(第三)エロチカ」
(かわむら たけし。91年に柄本明主演で『ラスト・フランケンシュタイン』の監督を務めた)
 




Comments(0) | パネル

コメントを投稿する






<< パネル【さ~そ】    ホーム    パネル【あ~お】 >>
PR
Design by basei,koe twi