忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/11/23
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/11/23
「パネル【あ~お】」

【あ行】
★タイムトラベルを題材にしたエドワード・バーンズ主演による2006年のSFアクション映画は
→『(サウンド・オブ・)サンダー』


★カリブ海のケイマン諸島を舞台にしたオーランド・ブルーム主演による2006年の映画は
→『ヘイブン(/堕ちた楽園)』


★アル・パチーノが主人公の麻薬潜入刑事を演じた、シドニー・ルメットの1974年の映画は
→『セルピコ』


★人気ミュージカルを映画化したオリビア・ニュートン・ジョンとジョン・トラボルタが共演した1978年の映画は
→『グリース』


★アンディ・ラウとトニー・レオンが共演した2003年公開の香港映画は
→『(インファナル・)アフェア』


★賞金首の男を巡る戦いを描いたウォーレン・ペキンパー監督による映画は
→『ガルシア(の首)』


★ウェズリー・スナイプスが吸血鬼と人間のハーフを演じた1998年公開の映画は
→『ブレイド』


★16歳で妊娠してしまう主人公の女子高生をエレン・ペイジが演じた2008年の映画は
→『JONO』(ジュノ)


★ラスベガスをカジノの街に変えた実在の男をウォーレン・ビーティが演じた1991年の映画は
→『バクジー』



★(画像・香港)ここを舞台にしたウォン・カーウァイ監督の映画は
→『花様年華』


★アルゼンチン大統領の妻として指導者的立場にあった女性エバ・ペロンの生涯を描いたミュージカルは
→『エビータ』('96映画化。マドンナ主演)


★青年の一途な恋を描いたアッバス・キアロスタミ監督による1994年公開の映画は
→『オリーブ(の林をぬけて)』

★ウォルター・マッソーやテイタム・オニールが出演した1976年の野球映画は
→『(がんばれ!)ベアーズ』


★エディ・マーフィが痩せ薬を発明するクランプ教授を演じた1996年の映画は
→『ナッティ(・プロフェッサー)』


★アート・ガーファンクルとジャック・ニコルソンが出演したマイク・ニコルズ監督による1972年公開の恋愛映画は
→『愛の狩人』


★オドレイ・トトゥ演じる風変わりな少女を主人公としたジャン=ピエール・ジュネ監督による2001年の映画は
→『アメリ』


★広大な屋敷での恐怖を描いたアレハンドロ・アメナバール監督、ニコール・キッドマン主演による2001年のホラー映画は
→『アザーズ』


★2009年に公開された映画『X-MEN』シリーズの作品のタイトルは
→『(ウルヴァリン:X-MEN)ZERO』


★自動車ローンの滞納者から車を奪う仕事にスカウトされた主人公をエミリオ・エステベスが演じたSFカルトムービーは
→『レポマン』(repossesion man=差し押さえ屋の通称)


★主演のアイリーン・キャラが歌う主題歌はアカデミー歌曲賞を受賞した、芸能専門学校を舞台にした1980年の青春映画は
→『フェーム』(fame=名声、評判)


★アル・パチーノがカタギに戻ろうとする主人公の元麻薬王を演じた1993年の映画は
→『カリート(の道)』


★架空のバーチャル女優が人気者になるという内容のアル・パチーノが主演した2003年公開の映画は
→『シモーヌ』


★2008年に公開された映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第4作の副題は
→『(クリスタル・)スカル(の王国)』


★アイバン・ライトマン監督による1984年の大ヒット映画は
→『(ゴースト)バスターズ』
(分岐)ジョン・カーペンター監督による1986年のアクション映画は
→『(ゴースト)ハンターズ』


☆★女流作家イーデス・ウォートンの小説を原作とする、ダニエル・デイ=ルイス主演の映画は
→『(エイジ・オブ・)イノセンス』


ニ☆★アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの初共演で話題となった、2011年公開のミステリー映画は
→『ツーリスト』
 

二☆★エイリアンと各国の連合艦隊との戦いを描いた、浅野忠信とテイラー・キッチュが出演した2012年4月公開のSF映画は
→『バトルシップ』


☆★イラク戦争を止めようと尽力した元CIAエージェントの手配を元に制作された、2011年の映画は
→『フェア(・ゲーム)』
(ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン出演。本公開は2010年)


☆★監督・俳優として活躍するウディ・アレンを描いた、2012年公開のドキュメンタリー映画は
→『映画と恋(とウディ・アレン)』


☆★ウサマ・ビンラディンの捕獲計画を描いた、キャサリン・ビグロウ監督による2013年公開の映画は

→『(ゼロ・ダーク・)サーティ』


二☆★2012年度のアカデミー外国語映画賞を受賞した、エマニュエル・リヴァ主演、ミヒャエル・ハネケ監督の映画は

→『(愛、)アムール』


★『イタリア式離婚狂想曲』や『鉄道員』などの作品があるイタリアの監督は
→(ピエトロ・)ジェルミ


★『或る夜の出来事』で有名なアカデミー監督賞を3度受賞した監督は
→(フランク・)キャプラ


★(旧問題文?)『イングリッシュ・ペイシェント』や『リプリー』の監督は
1996年に『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー監督賞を受賞した映画監督は
→(アンソニー・)ミンゲラ


☆★1938年に放送されたラジオ劇『宇宙戦争』で一躍有名になったアメリカの映画監督は
→オーソン(・ウェルズ)


★映画撮影におけるカメラの技法「パン・フォーカス」を考案したアメリカの撮影監督は
→(グレッグ・)トーランド
(映画『市民ケーン』'41で完成させた、焦点深度が深い広角レンズで撮影して前景と後景の焦点を合わせて、どの被写体にもピントを合わせる事によって画面に奥行きを持たせるテクニック。「パン・フォーカス」は和製英語であり、本来は「ディープ・フォーカス」と呼ばれる)


★『いつも心に太陽を』『夜の大捜査線』などに主演した黒人俳優は
→(シドニー・)ポワチエ


★『オーシャンズ11』や『ホテル・ルワンダ』『クラッシュ』などに出演した黒人俳優は
→(ドン・)チードル


★『エリザベスタウン』『ロード・オブ・ザ・リング』『トロイ』などに出演した俳優は
→(オーランド・)ブルーム


★『ウィロー』『セイント』などの映画に主演したハリウッド俳優の名前は
→(ヴァル・)キルマー


★アメリカン・ニューシネマの傑作『イージー・ライダー』で監督・脚本・俳優の3役を務めたのは
→(デニス・)ホッパー


★2009年に公開されたアニメ映画『ATOM』で、主人公・アトムのの声を演じた俳優は
→(フレディ・)ハイモア


★「デューク」の愛称で知られる『アラモ』『駅馬車』などの映画に出演したハリウッドのスターは
→(ジョン・)ウェイン


☆★映画『アメリカン・パイ』や『ローラーゲーム』に主演したアメリカの俳優は
→(クリス・)クライン
(『ローラーボール』の誤植)
 

★2008年公開の映画『ウォンテッド』に主演したアメリカの俳優は
→(ジェームズ・)マカヴォイ

 
☆★2011年度のアカデミー賞において史上最年長となる82歳で助演男優賞を受賞した俳優は
→(クリストファー・)プラマー
(『人生はビギナーズ』で受賞)

 
★『俺たちに明日はない』でクライド・バロウを演じた俳優は
→ウォーレン(・ビーティ)
(分岐)ボニー・パーカーを演じた女優は
→(フェイ・)ダナウェイ


★映画『裏窓』『真昼の決闘』などに出演した後、映画界を引退しモナコ王妃となった女優は
→グレース(・ケリー)


★『ある愛の詩』『ゲッタウェイ』などの映画主演した女優で、スティーブ・マックィーンの妻だったのは
→(アリ・)マックグロー


★『オープン・ユア・アイズ』などに出演したスペインの女優は
→ペネロペ(・クルス)


★『アグネス』『マスカレード』『恋の掟』などに出演した女優で、俳優のコリン・ファースとの間に子供がいるのは
→(メグ・)テイリー


★『M:I:3』でトム・クルーズ演じる主人公イーサンの妻を演じた女優は
→(ミシェル・)モナハン


★『エンドレス・ラブ』『プリティ・ベビー』などに主演したアメリカの女優は
→(ブルック・)シールズ


★『エマニエル夫人』や『プライベート・レッスン』に主演したオランダの女優は
→シルビア(・クリステル)


★2004年に公開された映画『アイ,ロボット』の原作者であるSF作家は
→(アイザック・)アシモフ


★2009年3月に亡くなった『アラビアのロレンス』などの映画音楽で知られる作曲家は
→(モーリス・)ジャール


★『エイリアン』でエイリアンのデザインを担当したスイスの画家は
→(H・R・)ギーガー
(他の映画作品に『スピーシーズ』『キラー・コンドーム』、 日本のゲームデザインなども手掛ける)

gigers_alien.jpg912b0e8a.jpg









音?★モーツァルトと対立したイタリアの音楽家で、映画『アマデウス』にもその様子が描かれているのは
→(アントニオ・)サリエリ


音★『愛は哀しくて』『愛のかげり』や、麻倉未稀がカバーした『ヒーロー』で有名なイギリスの女性歌手は
→(ボニー・)タイラー
(映画『フットルース』『メトロポリス』などに参加)


ニそ☆★2010年、9歳にしてラップ曲「Whip My Hair」でデビューを果たした、俳優ウィル・スミスの娘は
→ウィロー(・スミス)


そ★「アメリカの新聞王」として有名なウィリアム・ハーストを曽祖父にもつスーパーモデルは
→リディア(・ハースト)
(ウィリアム・ハーストは映画『市民ケーン』でその生涯が描かれた。リディア・ハーストの母親は女優としても活動しているパトリシア・ハースト)


★ドラマ『Xファイル』でデイヴィッド・ドゥカヴニーが演じたFBI捜査官の名前は
→(フィックス・)モルダー
(分岐)ジリアン・アンダーソンが演じたFBI捜査官の名前は
→(ダナ・)スカリー
(劇場版でも同じ配役)


★デビット・リンチ監督の『エレファント・マン』でエレファントマンと呼ばれる男の本名は
→(ジョン・)メリック


★『オースティン・パワーズ』でマイク・マイヤーズが演じた悪の帝王は
→(ドクター・)イーブル


★ホラー映画『エルム街の悪夢』に登場する殺人鬼は
→フレディ
(分岐)『ハロウィン』に登場する殺人鬼
→マイケル


★2009年に公開されたアニメ映画『ATOM』で、交通事故で絶命し、父のテンマ博士によりロボットとなる少年の名前は
→トビー


★映画『X-MEN』シリーズで女優のハル・ベリーが演じた天候を自由に操ることができる超能力者の名前は
→ストーム


★2006年公開の『エラゴン/遺志を継ぐ者』で主人公が育てるメスのドラゴンは
→サフィラ


☆★ジェームズ・キャメロン監督の3D映画『アバター』の舞台となる惑星ポリフェマスの衛星は
→パンドラ


★インドの映画産業のことをアメリカのハリウッドをもじって何というか
→ボリウッド
(BOLLYWOOD。都市ムンバイの旧名ボンベイから。)


☆★映画評論家アンドレ・バザンが創刊した、ヌーベルバーグの映画作家の活動拠点となった映画評論誌は
→『カイエ(デュ・シネマ)』


そ?☆★映画やテレビの撮影において照明の具合を確認するためにリハーサルの時に俳優の代理をする人物を何というか
→スタンドイン


★西部劇映画として初めてアカデミー作品賞を受賞した1931年の映画は
→『シマロン』
 

★1957年に日本人初のアカデミー助演女優賞を受賞したのは
→ナンシー(梅木)
(分岐)その受賞対象となった作品は
→『サヨナラ』


★第81回アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の監督は
→滝田洋二郎
(分岐)短編アニメーション賞を受賞した『つみきのいえ』の監督は
→加藤久仁夫


★『ウィークエンド・ラブ』と『恋する女たち』でアカデミー主演女優賞を受賞2度受賞したのは
→グレンダ(・ジャクソン)


★『明日に向かって撃て!』の主題歌「雨に濡れても」でアカデミー主題歌賞を受賞した歌手は
→(B・J・)トーマス


☆★北京五輪開会式の衣装デザインも担当したアートディレクターでアカデミー賞とグラミー賞の両方を受賞しているのは
→石岡瑛子
(コッポラ監督の『ドラキュラ』、マイルス・ディヴィスのアルバムジャケットでそれぞれ受賞)


★2002年からアカデミー賞の受賞式が行われているハリウッドにある劇場は
→コダック(シアター)
 

二☆★2012年5月に名称を変更したアカデミー賞授賞式が行われるアメリカのロサンゼルスにある劇場は
→ドルビー(・シアター)
※コダックシアターの問題がなくなった可能性があります

 
★アカデミー賞の前哨戦となるハリウッド外国人映画記者協会の会員が毎年選ぶ映画の賞といえば
→(ゴールデン・)グローブ(賞)


★航空自衛隊の千歳基地を舞台に織田裕二演じる主人公のパイロットの活躍を描いた1990年公開の映画は
→『BEST(GUY)』


★榎木孝明が主人公の浅見光彦を演じた市川崑監督による1991年公開の角川映画は
→『天河伝説(殺人事件)』


★人気ホラーゲームを映画化した市川由衣の映画初主演作となる2006年公開のホラー映画は
→『サイレン』


★思ったことが口に出さずに周囲に伝わってしまう青年を主人公とした安藤政信主演による2001年公開の映画は
→『サトラレ』
 

★歌手の大塚愛が主演したDVDドラマを映画化した2006年公開の作品は
→『(東京)フレンズ』


★浅野忠信が2作品で明智小五郎を演じている、江戸川乱歩の4つの作品を映像化した2005年のオムニバス映画は
→『乱歩地獄』
(『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』)


★インドネシア独立のために戦った日本人兵士を描いた2001年公開の映画は
→『ムルデカ(17850)』


★ある女流作家の謎の死を巡って5人の女性が推理を繰り広げる、恩田陸の小説を原作とする2002年のサスペンス映画は
→『木曜組曲』


★2008年公開の井上和香主演の映画は
→『コラソン(deメロン)』


★市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子らが出演した2008年の映画は
→『(ぼくたちと駐在さんの)700(日戦争)』


ニ★「アダムとイブ」のイブ役を鳥居みゆきが演じた、『死ねない女』『混浴heaven』などから成る2009年のオムニバス映画は
→『非女子図鑑』


★哀川翔がヒーローに変身する主人公の小学校教師を演じた三池崇史監督による2003年の映画は
→『ゼブラー(マン)』


★過去にトラウマを抱える大学生・荻原祐一郎を主人公とした田口ランディの小説を原作とする2004年のサスペンス映画は
→『アンテナ』


★江口洋介と織田裕二のデビュー作となった吉田聡の漫画を原作とする映画は
→『湘南爆走(族)』


★上杉謙信と武田信玄が戦った「川中島の戦い」を描いた海音寺潮五郎の小説を原作とした1990年公開の角川映画は
→『天と地と』


★主人公の医者を柄本明が演じた今村昌平監督による1998年公開の映画は
→『カンゾー(先生)』
 

★江口洋介と浅野忠信が共演した石井竜也の監督第2作目となる1996年の映画は
→『ACRI』(アクリ)

 
★フジテレビ50周年を記念して製作される、織田裕二と福山雅治が競演する2009年7月公開の映画は
→『アマルフィ(女神の報酬)』


★渋谷を舞台に負け犬たちの日常を描いた奥田英朗の小説を原作とする、成宮寛貴、村上知子らが出演した2009年の映画は
→『ララピポ』


★2005年に市川染五郎と宮沢りえが出演した、滝田洋二郎監督による時代劇映画は
→『阿修羅城(の瞳)』


★伊藤英明主演の映画『海猿』で2006年5月に公開されたシリーズ2作目のタイトルは
→『(LIMIT OF) LOVE (海猿)』
(分岐)2010年9月公開のシリーズ最終作のタイトルは
→『(THE) LAST (MASSAGE) 海猿』


★新垣結衣が応援団員を演じた2008年公開の青春映画は
→『フレフレ(少女)』


★北アルプスを舞台に日本を滅亡させる爆弾による危機を描いた大沢たかお主演の映画は
→『(ミッドナイト)イーグル』


★映画『踊る大捜査線』シリーズでユースケ・サンタマリア演じる人気キャラクターを主人公にした映画は
→『(交渉人 )真下正義』


★2008年に伊藤英明と内野聖陽が主演したパニック映画は
→『252 (生存者あり)』


★山本周五郎の『おごそかな渇き』を元にした黒澤明監督の遺稿を2000年に映画化した、寺尾聰主演による時代劇映画は
→『雨あがる』


★お笑いタレント・板尾創路の長編映画初監督作品は
→『(板尾創路の)脱獄王』


★主人公の武士を・猪山直之を堺雅人が演じた、2010年に公開された森田芳光監督の映画は
→『(武士の)家計簿』
 

★実在の税理士・飯塚毅と国税庁との7年間に及ぶ闘争を描いた、滝田栄が主演した2006年公開の映画は
→『不撓不屈』(ふとうふくつ)

 
ニ☆★女優・大竹しのぶと宮崎あおいが母と娘を演じた2010年9月に公開された映画は
→『オカン(の嫁入り)』


☆★江戸川乱歩の小説を原作とする男たちを次々と惑わすヒロインを宮地真緒が演じた、2010年に公開された窪田将治・監督の映画は
→『失恋殺人』
(原作は『妻に失恋した男』。明智小五郎の妻が主役)


ニ☆★2011年2月に公開される音楽グループ・EXILEのドキュメンタリー映画は
→『(EXILE) PRIDE』


☆★1978年に公開された映画『宇宙からのメッセージ』の続編は
→『(宇宙からのメッセージ )銀河大戦』


☆★石原裕次郎演じる主人公がサファリラリーに参戦するという内容の、1969年の映画は
→『(栄光への)5000(キロ)』


★上戸彩が主演した2003年公開の『あずみ』の監督は
→北村龍平
(分岐)その続編として製作された『あずみ2』の監督は
→金子修介


★1992年の映画『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』が遺作となった代表作に『鬼龍院花子の生涯』『極道の妻たち』がある監督は
→五社英雄


★(旧問題文)『雨月物語』で1953年から2年連続でベネチア国際映画祭の銀獅子賞を受賞している日本の映画監督は
★1952年には『雨月物語』で1953年には『山椒大夫』で2年連続ベネチア国際映画祭の銀獅子賞を受賞した映画監督は
→溝口健二


★『青べか物語』『雁の寺』『幕末太陽傅(たいようでん)』などの作品を残した日活の映画監督は
→川島雄三


★(画像・うなぎ)この映画でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したのは
ceb112fb.JPG





→今村昌平


★『赤西蠣太』や『巨人伝』などの代表作がある伊丹十三の父である映画監督は
→伊丹万作

 


★デジタル合成を得意とし『ALWAYS 三丁目の夕日』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』などを手がけた映画監督は
→山崎貴

 
★2006年に公開された映画『犬神家の一族』で約27年ぶりに金田一耕助を演じた俳優は
→石坂浩二


★映画『海猿』シリーズで主人公の海上保安官・仙崎大輔を演じた俳優は
→伊藤英明


そ★『男はつらいよ』の二代目おいちゃん役で有名な俳優は
→松村達雄
(初代は森川信 三代目は下條正巳)


そ★映画『愛と死を見つめて』や『キューポラのある町』で吉永小百合の相手役を務めた当時日活の俳優は
→浜田光夫


そ★『鬼平犯科帳』の大滝の五郎蔵役や、ドラマ『天までとどけ』の父親役で有名な女優の樫山文枝を妻にもつベテラン俳優は
→綿引勝彦
(映画には『八つ墓村』『極妻』シリーズなど多数出演)


そ★TVドラマ『あばれはっちゃく』シリーズでの父親役や『中学生日記』の先生役で有名な2000年に亡くなった俳優は
→東野英心
(映画には『八甲田山』『本陣殺人事件』などに出演。父親は俳優の東野英治郎)


そ★悪役専門の俳優集団「悪役商会」のリーダーを務めている俳優は

→八名信夫


そ★元プリンセス・プリンセスのボーカル・奥居香を妻にもつTVドラマ『妹よ』などに主演した俳優は
→岸谷五朗


そ★故・横山やすしを父にもつ、映画『いつかギラギラする日』やドラマ『毎度おさわがせします』などに出演した俳優は

→木村一八
(他に97年の『野獣死すべし』に主演)


そ★アニメ『あしたのジョー』の力石徹役や、ミュージカル『ショーガール』の主演で有名な美声で知られる俳優は誰か
→細川俊之


そ★本名を「大崎丈二」という女優・高島礼子を妻に持つ俳優は
→高知東生
(たかち のぼる。連想、エフェクトでも出ます)


そ★俳優・えなりかずきの弟である俳優の名前は
→江成正元


そ★ドラマ『あしたの、喜多善男』『太陽と海の教室』に出演した若手女優で、2008年には映画『蛇とピアス』に主演したのは
→吉高由里子


そ★俳優の上原謙が夫人である小桜葉子の死後に再婚をしてワイドショーを賑わせた元クラブ歌手の名前は
→大林雅美


そ★日活黄金時代に活躍した女優で1960年に俳優の石原裕次郎と結婚した人物は
→北原三枝


そ★TVドラマ『おれは男だ!』でヒロイン・吉川操を演じた女優は
→早瀬久美
 

そ★俳優・田中健の元妻である映画『あゝ野麦峠』『細雪』『連合艦隊』『ひめゆりの塔』などに出演した女優は
→古手川祐子

 
そ★バラエティ番組で活躍する双子のオカマタレントおすぎの本名は
→杉浦孝昭
(分岐)ピーコの本名は
→杉浦克昭


★2001年の映画『陰陽師』で狂言師の野村萬斎が演じた平安時代に実在したとされる主人公の陰陽師の名前は
→安倍晴明


★1995年公開のホラー映画『エコエコアザラク』で吉野公佳演じる主人公の名前は
→黒井ミサ


★(画像・人物)『硫黄島からの手紙』で渡辺謙が演じた役名は
a8398cc5.jpg







→栗林忠道
 

音?★1991年に公開された映画『!(アイ・オー)』の主題歌に起用された、RCサクセションの代表作は
→『(スロー)バラード』
(堤幸彦監督、柴田恭兵出演)

 
そ★俳優の石橋蓮司、緑魔子夫妻を中心として1975年に旗揚げした劇団は
→(劇団)第七病棟


☆★雑誌「映画秘宝」が発表するその年のワースト映画のランキングは
→(HIHO)はくさい(アワード)



Comments(0) | パネル

コメントを投稿する






<< パネル【か~こ】    ホーム    連想【ら~わ】 >>
PR
Design by basei,koe twi