忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/09/22
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2012/02/24
「スティーブン・スピルバーグ問題集その2」

スティーブン・スピルバーグ その2
 
 
『インディ・ジョーンズ』シリーズ
第1作目『失われた聖櫃(アーク)』'81、第2作目『魔宮の伝説』'84、第3作目『最後の聖戦』'89、第4作目『クリスタル・スカルの王国』'08。第1作目のみ『レイダース~』とつき、後のシリーズは『インディ・ジョーンズ~』となる。ハリソン・フォード主演。
 
<四択>
★映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』で若き日のインディ・ジョーンズを演じた俳優は
→リバー・フェニックス
(分岐)インディ・ジョーンズの父親を演じた俳優は
→ショーン・コネリー
 
 
★映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第1作でヒロインを演じた女優は
→カレン・アラン(第4作『クリスタル・スカルの王国』にも出演)
(分岐)第2作『魔宮の伝説』でヒロインを演じた女優は
→ケイト・キャプショー
(分岐)第3作『最後の聖戦』でヒロインを演じた女優は
→アリソン・ドゥーティ
(分岐)第4作『クリスタル・スカルの王国』でヒロインを演じた女優は
→ケイト・ブランシェット
 
 
★映画『インディ・ジョーンズ』の主人公インディの名前の由来となったのは何か(大意)
→犬の名前
(飼っていた犬の名前がインディアナ=インディ)



<パネル>
★2008年に公開された映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第4作の副題は
→『(クリスタル・)スカル(の王国)』



<並べ替え>
★2008年に公開されたスピルバーグ監督の映画は
→『(インディ・ジョーンズ/)クリスタル・スカル(の王国)』
 
 
 
<タイピング>
★考古学者インディ・ジョーンズが初登場した映画は
→『レイダース(/失われた聖櫃)』
 
 
 
<エフェクト>
★インディ・ジョーンズ第1作は
→『(レイダース/失われた)聖櫃』(アーク)
 
 
 
<線結び>
☆★映画『インディ・ジョーンズ』シリーズとその重要アイテム
第1作→聖櫃(アーク)
第3作→キリストの聖杯
第4作→水晶ドクロ
(第2作はサンカラ・ストーン)



<順番当て>
★アクション映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの副題を公開順にしなさい
1.『失われたアーク』'81
2.『魔宮の伝説』'84
3.『最後の聖戦』'89
4.『クリスタル・スカルの王国』'08
 
 
★次の女優を『インディ・ジョーンズ』シリーズに初登場したのが早い順に
1.カレン・アラン
2.ケイト・キャプショー
3.アリソン・ドゥーティ
4.ケイト・ブランシェット
 
 
 
<早いもの勝ち>
★映画『インディ・ジョーンズ』でインディ・ジョーンズを演じた俳優を1人答えよ
→○ ハリソン・フォード、リバー・フェニックス(『最後の聖戦』の若かりし頃のインディ)
→× キアヌ・リーブス、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップ
 
 

<グループ分け>
★映画の副題をシリーズごとに
インディ・ジョーンズ→『最後の聖戦』(3作目)




他ジャンル
<連想>
社★オーパーツの1つ
イギリス人のヘッジスが発見
映画『インディ・ジョーンズ』
実際の頭蓋骨を精工に再現
→水晶ドクロ
(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』に登場)


<スロット>
社★自然の要害に築かれたヨルダンの世界遺産で、映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のロケ地にもなったのはどこか
→ペトラ
(ギリシャ語で岩という意味)
05e00c98.JPG
 









他に
タイトルのタイピング
ハリソン・フォードが映画で演じた役名、シリーズ作品が全部で3作以上ある映画の多答があります。
 

 
 
『シンドラーのリスト』
<○×>
★スピルバーグ監督が初のアカデミー監督賞を受賞した作品は『未知との遭遇』である→×
(『シンドラーのリスト』)
 
 
 
<四択>
★スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』でシンドラーが自分の工場で最初に作っていたものは
→ホーロー容器
 
 
 
<連想>
★『バットマン・ビギンズ』
『マイケル・コリンズ』
『シンドラーのリスト』
『スター・ウォーズEP1』
→リーアム・ニーソン
 
 
★『ナイロビの蜂』
『上海の伯爵夫人』
『レッド・ドラゴン』
『シンドラーのリスト』
→レイフ・ファインズ
 
 
★『シン・レッド・ライン』
『パットン大戦車軍団』
『プライベート・ライアン』
『シンドラーのリスト』
→第二次世界大戦



<パネル>
★アカデミー作品賞を受賞したリーアム・ニーソン主演、スピルバーグ監督の映画は
→『シンドラー(のリスト)』



<スロット>
☆★『シンドラーのリスト』と『プライベート・ライアン』でアカデミー撮影賞を受賞した人物は
→(ヤヌス・)カミンスキー
(スピルバーグ監督作品を多く手がける。妻は女優のホリー・ハンター)
 
 
 
<線結び>
★次の俳優と主演した映画の正しい組み合わせを答えよ
リーアム・ニーソン→『シンドラーのリスト』
 
 
☆★次の俳優と映画で演じた人物
リーアム・ニーソン→オスカー・シンドラー(『シンドラーのリスト』)
 
 

<グループ分け>
★次の映画をモノクロかカラーかでグループ分けしなさい
モノクロ→『シンドラーのリスト』

 
他に
タイトルのタイピング
1990年代に日本で公開された映画、リーアム・ニーソンが映画で演じた役名の多答にオスカー・シンドラーがあります。
 
 
 
『プライベート・ライアン』
1998年公開。トム・ハンクス主演。第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦が舞台。
 
<四択>
★映画『プライベート・ライアン』で主人公たちが捜しに行くライアン二等兵を演じた俳優は
→マット・デイモン
 
 
★スピルバーグ監督の『プライベート・ライアン』で主人公たちが捜しに行くライアンの階級は
→二等兵
 
 
★次のうちアカデミー作品賞を受賞していないのは
→『プライベート・ライアン』
('98 監督賞ほか  他の選択肢『ロッキー』『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『クラッシュ』)
 
 
 
<連想>
★スピルバーグ監督
舞台は第2次世界大戦
トム・ハンクス主演
8人の兵士による新兵救出
→『プライベート・ライアン』
 
 
★『ビッグ』
『キャスト・アウェイ』
『プライベート・ライアン』
『フォレスト・ガンプ』
→トム・ハンクス
 
 
★『プライベート・ライアン』
『ワイルドスピード』
『キャプテン・ウルフ』
『トリプルX』
→ヴィン・ディーゼル
 
 
★『シン・レッド・ライン』
『パットン大戦車軍団』
『プライベート・ライアン』
『シンドラーのリスト』
→第二次世界大戦
 
 
 
<スロット>
☆★『シンドラーのリスト』と『プライベート・ライアン』でアカデミー撮影賞を受賞した人物は
→(ヤヌス・)カミンスキー
(スピルバーグ監督作品を多く手がける。妻は女優のホリー・ハンター)



<タイピング>
★トム・ハンクスが主演した戦争映画は
→『(プライベート・)ライアン』


 
<線結び>
★次の戦争映画とその監督の正しい組み合わせを答えよ
『プライベート・ライアン』→S(スティーブン)・スピルバーグ
 
 
★スティーブン・スピルバーグ監督の映画とその主演俳優
『プライベート・ライアン』→トム・ハンクス
 
 
★次の戦争映画とその背景になっている戦争
『プライベート・ライアン』→第二次世界大戦
 
 
他に
タイトルのタイピング
トム・ハンクスが主演した映画、第二次世界大戦を舞台とした映画、1990年代に日本で公開された映画の多答があります。
 
 
 
『A.I.』
<四択>
★2001年公開の『A.I.』でハーレイ・ジョエル・オスメント演じるロボットの名前は
→デビット
(分岐)ジュード・ロウ演じるロボットの名前は
→ジゴロ・ジョー
 
 
 
<線結び>
☆★次の俳優と映画で演じた役名の正しい組み合わせを答えよ
ジュード・ロウ→ジゴロ・ジョー
 
 
★ロボットを主人公にした映画と、主演した俳優
『A.I.』→ハーレイ・J・オスメント
 
 
他に未来を舞台にした映画の多答があります。
 
 
 
『マイノリティ・リポート』
2002年公開。トム・クルーズ主演。
 
<連想>
★『マイノリティ・リポート』
『フォーン・ブース』
『マイアミ・バイス』
『アレキサンダー』
→コリン・ファレル
 
 
★『コントロール』
『CODE46』
『リバティーン』
『マイノリティ・リポート』
→サマンサ・モートン
 
 
★『クローン」
『マイノリティ・リポート』
『トータル・リコール』
『ブレードランナー』
→フィリップ・K・ディック
 
 
 
<パネル>
★2002年のスピルバーグ監督の『マイノリティ・リポート』に登場する3人の予知能力者のことを
→プリコグ
 
 
 
<スロット>
★スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による2002年のSFサスペンス映画は
→『マイノリティ(・リポート)』
 
 
★アメリカのTVドラマ『コールドケース』で主人公の刑事リリー・ラッシュを演じる女優は
→(キャスリン・)モリス
(ララ・クラーク役で出演)
 
 
 
<線結び>
★スティーブン・スピルバーグ監督の映画とその主演俳優の正しい組み合わせを答えよ
『マイノリティ・リポート』→トム・クルーズ
 
 
★SF映画と主演俳優
『マイノリティ・リポート』→トム・クルーズ
 
 
★トム・クルーズが主演した映画と共演した女優
『マイノリティ・リポート』→サマンサ・モートン
 
 
★スティーブン・スピルバーグ監督の映画とその原作者
『マイノリティ・リポート』→フィリップ・K・ディック
 
 
★次の映画とその原作者
『マイノリティ・リポート』→フィリップ・K・ディック



<グループ分け>
★映画を原作・原案者ごとに
P・K・ディック→『マイノリティ・リポート』
他ジャンル
<連想>
ラ★作者はフィリップ・K・ディック
予知能力者
犯罪予防局
トム・クルーズ主演で映画化
→『少数報告』
 
 
他にトム・クルーズが出演した映画、フィリップ・K・ディックの小説を原作とするSF映画、未来を舞台にした映画の多答があります。
 
 
 
『ターミナル』
<○×>
★トム・ハンクス主演の『ターミナル』で舞台となる空港はロサンゼルス国際空港である→×
(ジョン・F・ケネディ国際空港)
 
 
 
<キューブ>
★2004年公開の『ターミナル』で主人公の祖国は
→クラコウジア
 
 
他にトム・ハンクスが主演した映画、空港を舞台にした映画の多答があります。
 
 
 
『宇宙戦争』
<連想>
★主演はトム・クルーズ
ダコタ・ファニング
監督はスティーブン・スピルバーグ
原作はH・G・ウェルズ
→『宇宙戦争』


★『シャーロットのおくりもの』
『ハイド・アンド・シーク』
『アイ・アム・サム』
『宇宙戦争』
→ダコタ・ファニング
 
 
 
<パネル>
☆★1938年に放送されたラジオ劇『宇宙戦争』で一躍有名になったアメリカの映画監督は
→オーソン(・ウェルズ)
原作は同じです
 
 
 
<線結び>
★トム・クルーズが主演した映画と共演した女優の正しい組み合わせを答えよ
『宇宙戦争』→ダコタ・ファニング
 
 
 

<早いもの勝ち>
★H・G・ウェルズ原作のSF映画『宇宙戦争』の監督を務めた人物
→○ バイロン・ハスキン('53)、スティーヴン・スピルバーグ('05)


 
他ジャンル
<スロット>
★『宇宙戦争』『タイムマシン』などの作品で知られるイギリスの小説家で「SFの父」とも呼ばれるのは
→(H・G・)ウェルズ
 
 
他に
タイトルのパネル
ダコタ・ファニングが出演した映画の多答
トム・クルーズが出演した映画の順番当て(『ミッション:インポッシブル』『アイズ ワイド シャット』の次)、ダコタ・ファニングが出演した映画(一番最後)があります。
 
 
 
その他の監督作品
<○×>
★スピルバーグ監督の映画『ミュンヘン』はヒトラーによるミュンヘン一揆を題材にした映画である→×
(ミュンヘンオリンピック事件。別名を黒い9月事件)
 
 
 
<パネル>
★三船敏郎も出演している第二次世界大戦が舞台のスピルバーグ監督による1979年の映画は
→『1941』
 
 
 
<スロット>
★スティーブン・スピルバーグ、ジョー・ダンテら4人の監督による1983年のオムニバス映画は
→『トワイライト(ゾーン)』
 
 
ニ☆★マイケル・モーパーゴの児童文学を原作とする、2012年公開のスティーブン・スピルバーグ監督の映画は
→『戦火の馬』
 
 
 
<タイピング>
ニ☆★スティーブン・スピルバーグが監督を務める、初の3D映画は
→『タンタン(の冒険/ユニコーン号の秘密)』
 
 


<早いもの勝ち>
★ダニエル・デイ=ルイスがアカデミー主演男優賞を受賞した映画
→○ 『マイ・レフトフット』『リンカーン』 ※あと『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』がある
他に
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のタイトルの並べ替え
舞台となっている時代が古い作品の順番当てに『アミスタッド』(1839年)
三船敏郎の出演した映画のグループ分けに『1941』があります。
 
 
 
他ジャンル
<パネル>
ラ★ベルギーの漫画家エルジェが生んだキャラクターで、白い犬スノーウィを連れた少年といえば
→タンタン
(スピルバーグ監督による3Dアニメーション映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』として公開された。過去にも実写、アニメ化で何度も映画化されている)
 
 
 
製作総指揮作品
多数ありますが、問題文に登場するもののみ挙げていきます
<○×>
☆★2011年公開のSF映画『SUPER 8』で監督・脚本を務めたのはスティーブン・スピルバーグである→×
(J・J・エイブラムス。スピルバーグはプロデューサーとして参加)
 
 
 
<並べ替え>
★スティーブン・スピルバーグが政策総指揮を務めた、1987年公開のSF映画は
→『(ニューヨーク)東8番街の奇跡』
 
 
★スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた、シャイア・ラブーフ主演による2008年のサスペンス映画は
→『イーグル・アイ』
 
 
 
<タイピング>
★スティーブン・スピルバーグが制作総指揮を務めた、2008年の映画は
→『(イーグル・)アイ』



<キューブ>
★スピルバーグが製作総指揮を務めたアメリカのTVドラマ
→『TAKEN』
(テイクン。2002年放映のダコタ・ファニング主演ドラマ)



<線結び>
★次のSF映画と主演俳優の正しい組み合わせを答えよ
『イーグル・アイ』→シャイア・ラブーフ
 


ジョン・ウィリアムズ
スピルバーグ作品を語る上で欠かせない人物でほとんどの作曲を手掛けています。現在多答と線結びの問題を確認しています。線結び問題は『スーパーマン』と『スター・ウォーズ』のみ。
『ジョーズ』『シンドラーのリスト』『スター・ウォーズ』でアカデミー作曲賞を受賞。
 
<多答>
★ジョン・ウィリアムズが音楽を担当した作品をすべて答えよ
→○ 『未知との遭遇』『E.T.』『シンドラーのリスト』『ジュラシック・パーク『プライベート・ライアン』』(ここまでスピルバーグ作品)
他に『ハリー・ポッターと賢者の石』『スター・ウォーズ』『スーパーマン』など
→× 『燃えよドラゴン』(ラロ・シフリン)、『ロッキー』(ビル・コンティ)、『メン・イン・ブラック』(ダニー・エルフマン)、『オーメン』(ジェリー・ゴールドスミス)
 



Comments(0) | 監督別

コメントを投稿する






<< チャールズ・チャップリン問題集    ホーム    スティーブン・スピルバーグ問題集その1 >>
PR
Design by basei,koe twi