忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/11/23
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/12/05
「連想グループ別【俳優・海外1】」

<グループその1>

ハンフリー・ボガート、ゲーリー・クーパー、ケーリー・グラント、ジェームズ・スチュワート、バート・ランカスター、グレゴリー・ペック、マーロン・ブランド




★『アフリカの女王』でオスカー

最後の妻はローレン・バコール

『カサブランカ』に主演

愛称は「ボギー」

→ハンフリー・ボガート



★『昼下がりの情事』

『誰が為に鐘は鳴る』

『ヨーク軍曹』

『真昼の決闘』

→ゲーリー・クーパー



★『汚名』

『泥棒成金』

『シャレード』

『北北西に進路を取れ』

→ケーリー・グラント



★『めまい』

『スミス都へ行く』

『知りすぎていた男』

『裏窓』

→ジェームズ・スチュワート



★『大空港』

『OK牧場の決斗』

『山猫』

『家族の肖像』

→バート・ランカスター



★『パラダイン夫人の恋』

『ナバロンの要塞』

『オーメン』

『ローマの休日』

→グレゴリー・ペック



★『波止場』

『ラストタンゴ・イン・パリ』

『地獄の黙示録』

『ゴッドファーザー』

→マーロン・ブランド






<グループその2>

フレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー、ダニー・ケイ、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デービスJr.

(ダミー?ジェリー・ルイス)



★『渚にて』

『ザッツ・エンタテインメント』

『トップハット』

ジンジャー・ロジャースとコンビ

→フレッド・アステア



★『我が道を往く』

『上流社会』

『駅馬車』

『ホワイト・クリスマス』

→ビング・クロスビー



★『踊る大紐育』

『巴里のアメリカ人』

『ザッツ・エンタテインメント』

『雨に唄えば』

→ジーン・ケリー



★映画『虹をつかむ男』に主演

アメリカの喜劇俳優

ユニセフの初代親善大使

谷啓の芸名の由来

→ダニー・ケイ



★『オーシャンと十一人の仲間』

『踊る大紐育』

『黄金の腕』

『地上より永遠に』

→フランク・シナトラ



★『オーシャンと十一人の仲間』

『底抜け』シリーズ

『大空港』

『キャノンボール』

→ディーン・マーティン



★『オーシャンと十一人の仲間』

『ザッツ・ダンシング!』

『キャノンボール』

『タップ』

→サミー・デービスJr.







<グループその3>

ユル・ブリンナー、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、※スティーブ・マックイーン、ロバート・ヴォーン

このグループは全員『荒野の七人』に出演しています。あと2人のブラッド・デクスター、ホルスト・ブッフホルツの選択肢は確認していません。




★アカデミー主演男優賞を受賞

『荒野の七人』『隊長ブーリバ』

当たり役は『王様と私』

スキンヘッドがトレードマーク

→ユル・ブリンナー



★当たり役はポール・カージー

2番目の妻はジル・アイアランド

『荒野の七人』『狼よさらば』

日本の「マンダム」のCMに出演

→チャールズ・ブロンソン



★『荒野の七人』

『大脱走』

『白い刻印』

『戦場のはらわた』

→ジェームズ・コバーン



★アリ・マックグローと結婚

ブルース・リーの門下生

カー・レーサーとしても有名

『荒野の七人』『大脱走』

→スティーブ・マックイーン



★『荒野の七人』

『ブリット』

『宇宙の七人』

『スーパーマン3』

→ロバート・ヴォーン







<グループその4>

モンゴメリー・クリフト、ジェラール・フィリップ、ロック・ハドソン

(タイロン・パワー、ダミーとしてジェリー・ルイスの選択肢が入る?)




★『私は告白する』

『赤い河』

『陽のあたる場所』

『地上より永遠に』

→モンゴメリー・クリフト



★『花咲ける騎士道』

『肉体の悪魔』

『赤と黒』

『モンパルナスの灯』

→ジェラール・フィリップ



★『クリスタル殺人事件』

『武器よさらば』

『ジャイアンツ』

1985年にエイズで死去

→ロック・ハドソン






<グループ5>

ポール・ニューマン、※ロジャー・ムーア、スティーブ・マックィーン、※クリント・イーストウッド、ダスティン・ホフマン、ジャック・ニコルソン、アル・パチーノ、ハリソン・フォード、ミッキー・ローク、ケビン・コスナー

(ショーン・コネリー、チャールトン・ヘストン)

クリント・イーストウッドは監督グループと問題文が変わります。スティーブ・マックィーンも選択肢によって問題文が変更されているようです。




★『タワーリング・インフェルノ』

『スティング』

『明日に向って撃て!』

『ハスラー』

→ポール・ニューマン



★広川太一郎の吹き替え

2003年にナイトの爵位を得る

『北海ハイジャック』

第3代ジェームズ・ボンド

→ロジャー・ムーア



★『ゲッタウェイ』

『栄光のル・マン』

『ブリット』

『パピヨン』

→スティーブ・マックィーン



★『ファイヤーフォックス』

『許されざる者』

『マディソン郡の橋』

『ダーティハリー』

→クリント・イーストウッド



★『トッツィー』

『真夜中のカーボーイ』

『レインマン』

『卒業』

→ダスティン・ホフマン



★『チャイナタウン』

『恋愛小説家』

『カッコーの巣の上で』

『シャイニング』

→ジャック・ニコルソン



★『スカーフェイス』

『セルピコ』

『セント・オブ・ウーマン』

『ゴッドファーザー』

→アル・パチーノ



★『パトリオット・ゲーム』

『刑事ジョン・ブック 目撃者』

『ブレードランナー』

『スター・ウォーズ』

→ハリソン・フォード



★『ジョニー・ハンサム』

『シン・シティ』

『エンゼル・ハート』

『ナインハーフ』

→ミッキー・ローク



★『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

『パーフェクト・ワールド』

『アンタッチャブル』

『JFK』

→ケビン・コスナー






Comments(0) | 連想グループ別

コメントを投稿する






<< 連想グループ別【俳優・海外2】    ホーム    連想グループ別【監督・国内2】 >>
PR
Design by basei,koe twi