忍者ブログ
QMA映画問題集
映画好きのQMAプレイヤーによる問題集ブログです。芸能に限らず全ジャンルの映画に関する問題を集めています。


2017/09/22
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/11/30
「連想グループ別【作品・海外5】」

<30~40年代の映画ほか>

『落ちた偶像』『酒とバラの日々』『第三の男』※『或る夜の出来事』ダミー?※『ローマの休日』

(『嘆きの天使』『我が道を往く』『失われた週末』『アパートの鍵貸します』※『無防備都市』※『慕情』『風と共に去りぬ』)



★キャロル・リード監督

ラルフ・リチャードソン主演

舞台はロンドンの大使館

原作はグレアム・グリーン

→『落ちた偶像』



★ブレイク・エドワーズ監督

アカデミー主題歌賞受賞

共演はリー・レミック

主演はジャック・レモン

→『酒とバラの日々』



★監督はキャロル・リード

主演はジョゼフ・コットン

ヒロインはアリダ・ヴァリ

オーソン・ウェルズ

→『第三の男』



★クローデット・コルベール

ジェリコの壁

フランク・キャプラ監督

クラーク・ゲーブル主演

→『或る夜の出来事』






<50~60年代のフランス映画ほか>

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』『大人は判ってくれない』『悲しみよこんにちは』『かくも長き不在』『去年マリエンバートで』『冒険者たち』

(『二十四時間の情事』『夜と霧』※『慕情』『死刑台のエレベーター』ダミー?※『突然炎のごとく』『ボルサリーノ』『美しきセルジュ』)




★ジャン=リュック・ゴダール監督

ジャン=ポール・ベルモンド主演

共演はジーン・セバーグ

「最低って何のこと?」

→『勝手にしやがれ』



★ジャン=リュック・ゴダール監督

ジャン=ポール・ベルモンド主演

マフィアからの逃避行

ダイナマイト

→『気狂いピエロ』



★カンヌ映画祭監督賞を受賞

主演はジャン=ピエール・レオ

主人公はアントワーヌ・ドワネル

監督はフランソワ・トリュフォー

→『大人は判ってくれない』



★オットー・プレミンジャー監督

ジーン・ハックマン主演

セシール・カットが流行

フランソワーズ・サガン原作

→『悲しみよこんにちは』



★アンリ・コルピ監督

主演はアリダ・ヴァリ

1961年カンヌ映画祭グランプリ

行方不明の夫に瓜二つの男

→『かくも長き不在』



★監督はアラン・レネ

脚本はアラン・ロブ=グリエ

ジョルジュ・アルベルタッツィ

過去と現代が交錯する難解な内容

→『去年マリエンバートで』



★監督はロベール・アンリコ

リノ・バンチュラ

ジョアンナ・シムカス

主演はアラン・ドロン

→『冒険者たち』






<60~70年代の映画ほか>

『ローズマリーの赤ちゃん』『欲望のあいまいな対象』『ブラジルから来た少年』
(『未来世紀ブラジル』『赤い航路』『トリエステから来た女』)



★ロマン・ポランスキー監督

原作者はアイラ・レヴィン

舞台はニューヨーク

ミア・ファロー主演

→『ローズマリーの赤ちゃん』



★ルイス・ブニュエル監督の遺作

ヒロインは二人一役

美しい小間使いに恋する老紳士

主演はフェルナンド・レイ

→『欲望のあいまいな対象』



★原作者はアイラ・レヴィン

ヨーゼフ・メンゲレ博士

目的はナチスの復活

グレゴリー・ペック主演

→『ブラジルから来た少年』





<2006年4月~7月日本公開の映画>

『Vフォー・ヴェンデッタ』『ジャケット』『ポセイドン』『インサイド・マン』『幸せのポートレート』
(『ナイロビの蜂』『ダ・ヴィンチ・コード』'06.5、『サイレントヒル』'06.7)



★脚本はウォシャウスキー兄弟

舞台は近未来のファシズム国家

ヒューゴ・ウィーヴィング

主演はナタリー・ポートマン

→『Vフォー・ヴェンデッタ』('06.4)



★4日後に死ぬ運命の男

タイムスリップ

共演はキーラ・ナイトレイ

主演はエイドリアン・ブロディ

→『ジャケット』('06.5)



★監督はW・ペーターゼン

原作はポール・ギャリコ

主演はカート・ラッセル

津波で豪華客船が転覆

→『ポセイドン』('06.5)



★クライヴ・オーウェン

ジョディ・フォスター

デンゼル・ワシントン

銀行強盗犯と捜査官の戦い

→『インサイド・マン』('06.6)



★クレア・デインズ

ダイアン・キートン

恋人の家族との相性

主演はサラ・ジェシカ・パーカー

→『幸せのポートレート』('06.7)





<2006年9月~11月日本公開の映画> 

『イルマーレ』『記憶の棘』『父親たちの星条旗』『16ブロック』ダミー?※『ブラックダリア』
(『サムサッカー』『カポーティ』'06.9、『ザ・センチネル』'06.10、『トゥモロー・ワールド』『プラダを着た悪魔』'06.11)



★アレハンドロ・アグレスティ監督

韓国映画をリメイク

共演はサンドラ・ブロック

主演はキアヌ・リーブス

→『イルマーレ』('06.9)



★監督はジョナサン・グレイザー

共演はキャメロン・ブライド

亡き夫の生まれ変わりの少年

主演はニコール・キッドマン

→『記憶の棘』('06.9)



★ライアン・フィリップ

ジェシー・ブラッドフォード

監督はクリント・イーストウッド

硫黄島での戦いを描く

→『父親たちの星条旗』('06.10)



★監督はリチャード・ドナー

共演はモス・デフ

証人を護送する刑事

主演はブルース・ウィリス

→『16ブロック』('06.10)



★監督はブライアン・デ・パルマ

スカーレット・ヨハンソン

女優の卵が惨殺される猟奇事件

主演はジョシュ・ハートネット

→『ブラックダリア』('06.10)





<2006年11月~2007年1月日本公開の映画>

『007/カジノロワイヤル』『スキャナー・ダークリー』『ディパーテッド』
(『シャーロットのおくりもの』『エラゴン~遺志を継ぐ者』'06.12、『ラッキーナンバー7』『フリーダムランド』'07.1、『守護神』'07.2)



★監督はマーティン・キャンベル

共演はエヴァ・グリーン

主演はダニエル・クレイグ

主人公はジェームズ・ボンド

→『007/カジノロワイヤル』('06.11)



★リチャード・リンクレーター監督

原作はフィリップ・K・ディック

主人公は麻薬捜査官

主演はキアヌ・リーブス

→『スキャナー・ダークリー』('06.12)



★監督はマーティン・スコセッシ

マフィアへの潜入捜査

マット・デイモン

レオナルド・ディカプリオ

→『ディパーテッド』('07.1)





<アメリカンニューシネマほか>

『卒業』『いちご白書』『明日に向って撃て!』『俺たちに明日はない』『パピヨン』『アラビアのロレンス』『真夜中のカーボーイ』『イージー・ライダー』『わらの犬』

(『大脱走』『スティング』『エデンの東』『ラストエンペラー』)




★監督はマイク・ニコルズ

キャサリン・ロス

ダスティン・ホフマン

結婚式場から花嫁と脱走

→『卒業』



★主題歌は「サークルゲーム」

原作者はジェームズ・クーネン

主演はブルース・デイヴィソン

学園紛争を描いた作品

→『いちご白書』



★ジョージ・ロイ・ヒル監督

ポール・ニューマン

ロバート・レッドフォード

キャサリン・ロス

→『明日に向って撃て!』



★アーサー・ペン監督

ウォーレン・ビーティ

フェイ・ダナウェイ

ボニーとクライド

→『俺たちに明日はない』



★監督はフランクリン・シャフナー

ダスティン・ホフマン

スティーブ・マックイーン

島にある刑務所からの脱獄

→『パピヨン』



★デビット・リーン監督

第一次世界大戦が舞台

主人公はイギリス陸軍将校

ピーター・オトゥール主演

→『アラビアのロレンス』



★監督はジョン・シュレシンジャー

主題歌は「うわさの男」

ダスティン・ホフマン

主演はジョン・ボイド

→『真夜中のカーボーイ』



★デニス・ホッパー

ジャック・ニコルソン

主人公は2人のヒッピー

主演はピーター・フォンダ

→『イージー・ライダー』



★監督はサム・ペキンパー

イギリスの片田舎が舞台

スーザン・ジョージ

ダスティン・ホフマン

→『わらの犬』






<新聞記者が主人公の映画>

『或る夜の出来事』『スーパーマン』『大統領の陰謀』※『ローマの休日』



★クローデット・コルベール

ジェリコの壁

フランク・キャプラ監督

クラーク・ゲーブル主演

→『或る夜の出来事』



★主人公は新聞記者

音楽はジョン・ウィリアムズ

クリストファー・リーブ主演

胸にSのマーク

→『スーパーマン』



★主人公は新聞記者

ウォーターゲート事件

ロバート・レッドフォード

ダスティン・ホフマン

→『大統領の陰謀』



★オードリー・ヘップバーン主演

共演はグレゴリー・ペック

スペイン広場

アン王女

→『ローマの休日』






<アメリカ大統領が登場する映画>

『アメリカン・プレジデント』『パーフェクト・カップル』『デーヴ』
(『エアフォース・ワン』『インディペンデンス・デイ』)




★監督はロブ・ライナー

アメリカ大統領選挙

妻役はアネット・ベニング

マイケル・ダグラス主演

→『アメリカン・プレジデント』



★監督はマイク・ニコルズ

アメリカ大統領選挙

妻役はエマ・トンプソン

ジョン・トラボルタ主演

→『パーフェクト・カップル』



★アイバン・ライトマン監督

主人公は大統領の替え玉

シガニー・ウィバー

ケビン・クライン主演

→『デーヴ』






<タイトルに『愛と~』がつく映画>

※『愛と青春の旅立ち』『愛と追憶の日々』『愛と哀しみの果て』『愛と喝采の日々』
(『愛と哀しみのボレロ』『愛と哀しみの旅路』)



★ルイス・ゴセット・Jr

主演はリチャード・ギア

ヒロインはデブラ・ウィンガー

舞台は海軍士官養成学校

→『愛と青春の旅立ち』



★監督はジェームズ・ブルックス

アカデミー賞5部門受賞

デブラ・ウィンガー

シャーリー・マクレーン

→『愛と追憶の日々』



★監督はシドニー・ポラック

舞台はアフリカ

ロバート・レッドフォード

メリル・ストリープ

→『愛と哀しみの果て』



★監督はハーバード・ロス

シャーリー・マクレーン

アン・バンクロフト

ミハイル・バリシニコフ

→『愛と喝采の日々』







Comments(0) | 連想グループ別

コメントを投稿する






<< 連想グループ別【作品・国内1】    ホーム    連想グループ別【作品・海外4】 >>
PR
Design by basei,koe twi